日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > “日本人総健忘症”とメディアの怠慢

安倍元首相銃撃、山上容疑者凶行の裏に“日本人総健忘症”とメディアの怠慢

文=元木昌彦(もとき・まさひこ)

安倍元首相銃撃、山上容疑者凶行の裏にある日本人総健忘症とメディアの怠慢の画像1
安倍晋三元首相


今週の注目記事・第1位「伯父が告白150分 山上徹也『父の自殺と母の統一教会1億円』」(『週刊文春』7/21号)

同・第2位「SP機能せず『魔の3秒』…『警察庁長官』は責任を取らなくていいのか」(『週刊新潮』7/21号)

同・第3位「『安倍=統一教会』歪んだ憎悪」(『週刊新潮』7/21号)「検証 統一教会 安倍元首相との『本当の関係』」(『週刊文春』7/21号)

同・第4位「安倍晋三評伝 その愛と権力」(『週刊文春』7/21号)

同・第5位「後継は…弔い補選の候補は『アッキー』!?」(『週刊新潮』7/21号)

同・第6位「論考 何が日本にテロを生んだのか 保阪正康 戦争と疫病の後に…原敬暗殺との共通点と違い」(『週刊文春』7/21号)

同・第7位「『空疎な苛立ち』故の凶行」(『ニューズウイーク日本版』7/19日号)

同・第8位「安倍証言 晋三と私」(『週刊文春』7/21号)

同・第9位「甲子園で起きている朝日毎日 女性記者の性被害」(『週刊ポスト』7/29号)

同・第10位「久々地方お出まし『佳子さま』が『マスコミは最悪』」(『週刊新潮』7/21号)
同・第11位「アイドル女子アナ×バスケ日本代表・岡田侑大 1泊2日『USJ』手繋ぎ不倫旅行」(『FLASH』7/26・8/2号)

同・第12位「『大谷翔平』ヤンキースにトレード濃厚でどうなる『二刀流』」(『週刊新潮』7/21号)

同・第13位「地元に聖地『三浦春馬』三回忌」(『週刊新潮』7/21号)

同・第14位「『バイきんぐ』小峠英二(46)西村瑞樹(45)が語った“テレビバラエティの危機”」(『フライデー』7/29・8/5号)

【巻末付録】ポストのSEXYグラビア採点!

 

 

 今週は現代がお休み(水曜日発売)。当然ながら、今週は安倍晋三元首相「暗殺事件」で週刊誌はもちきりである。

 だが、気になるのは、事件からまだ日が経っていないということもあるのだろうが、安倍政治の功罪の、功の部分ばかりに焦点を当てた特集が目立つ。

 死んだ人はみないい人、死者に鞭打つなという日本的な心情からであろう。

 参院選で勝った自民党は、早くも、「国葬」などといい出している。国民の税金をふんだんに使ってやれば、吉田茂以来のことだそうだ。

 占領軍と渡り合い、焦土と化した日本の復興の端緒をつけた吉田と、安倍を同格に論じられるのか、私には理解できない。

※先週の記事はこちら

 安倍の犯した数々の罪に目をつむり、早々に偶像化することはやめるべきだと、私は考える。

 まだ「安倍政治」は死んではいない。憲法9条改正、軍備増強、核シェアリングなど、安倍がやろうとしていた“ニッポン改造計画”は、安倍を盲目的に崇拝する後継者たちに引き継がれ、蠢き始めるはずである。ここは冷静に、安倍政治なるものを検証し、彼が目指していた「戦争のできる国づくり」を是とするのか、否とするのか、遺された国民にゆだねられているはずだ。

1234567

安倍元首相銃撃、山上容疑者凶行の裏に“日本人総健忘症”とメディアの怠慢のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは大きく違う史実の全成

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真