日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > 佳子さまの新たなお相手は…

佳子さま、過去5回の“お噂”と新たなお相手・学習院同窓のエリート歯科医

文=元木昌彦(もとき・まさひこ)

旧統一教会、大学サークルの“任務”

 フリーライターの石井謙一郎は、統一教会が「コンプライアンス宣言」してからも2009年から2011年にかけて、3年間で約600億円ずつ集めていたことを裏付ける極秘資料を入手したと文春でルポしている。

 これは信者が払う感謝献金、カネがなければ仕方なく金融機関などから借り入れたり、収入の10分の1を献金するなどで集めたものである。

 この巨額な資金が日本から韓国へ送られ、巨大な教団の建造物などになっている。

 石井にいわせれば、この教団の体質は今も変わっていないという。霊感商法は表立ってはやりにくくはなったが、形を変え、さらに悪質になっているのだろう。

 さて、自民党と統一教会との腐れ縁は、岸から始まった安倍家3代が広げていったことは、様々な証言、資料などで明らかである。

 そうした癒着構造でのし上がって来た安倍元首相が、教団を恨む人間の凶弾に倒れるというのは歴史の皮肉だが、安倍元首相がやってきたことは、まだ次々に暴かれるはずだ。

 国葬などしている場合ではない。

 ところで、統一教会の悪徳霊感商法を厳しく糾弾したのは1980年代の朝日ジャーナルであったことは、私のような古い人間なら知っている。

 その前、私が学生の頃には、東大生が「原理研究会」に入る者が多いと新聞でも話題になった。

 なにやらもっともらしいが、教団側が、学生の信者を増やすために考えた活動だった。

 私がいた早稲田大学にもあった。一見、サークル活動のようでもあり聖書研究会のようでもあった。

 だが、加入方法は巧みで執念深い。どんなに断っても、一度話をすると、どこまでも誘ってくる。あまりしつこいので一度だけならと行ってみたら最後。洗脳して信者になるまで許しはしない。そのやり方は、当時、学生運動で力を持っていた革マルも参考にしたといわれるほどだ。

 信者になれば、印鑑や親しげな壺を何百倍の値段で売りつける霊感商法に手を染めなくてはいけない。それだけではない。相手を信者に引きずり込まなくては、彼らの“任務”は終わらないのだ。

12345678910

佳子さま、過去5回の“お噂”と新たなお相手・学習院同窓のエリート歯科医のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

“青春の痛み”描く、藤井道人プロデュース作

 青臭くて、ひとりよがりで、あまちゃんで、心...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真