日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > アントニー「月収123万円」暴露の裏側 “グレーな交友関係”はセーフなのか?

アントニー「月収123万円」暴露の裏側 “グレーな交友関係”はセーフなのか?

文=手山足実(てやま・あしみ)

アントニー「月収123万円」暴露の裏側 グレーな交友関係はセーフなのか?の画像1
YouTubeチャンネル『それいけ!アントニーチャンネル』「【抜き打ち】給与明細公開」より

 お笑いコンビ・マテンロウのアントニーが8月28日、自身のYouTubeチャンネル『それいけ!アントニーチャンネル』に「【抜き打ち】給与明細公開」という動画を投稿し、2022年6月と7月の給料明細を公開した。

 チャンネルスタッフによるドッキリ企画として収録された今回の動画。別件で給料明細を持参するように言われていたアントニーが、スタッフに促され渋々公開したところ、6月の給料は手取りで“123万2565円”、7月は手取りで“99万3998円”だった。この2カ月は通常よりも多く、本人いわく“平均は80万円くらい”だという。

 現在アントニーのテレビのレギュラー番組は、北陸放送の『絶好調W』のみ。それ以外に、バラエティー番組への単発出演が月に5、6本。また、自身のYouTubeチャンネル以外に、企業系のYouTubeチャンネルで3本のレギュラーを抱えている。さらに、イベントや営業などの仕事をこなしている。

 19万円の家賃や10万円の実家への仕送りなど、毎月の生活に固定でかかるお金は50万円くらいで、それを超えた額はファッションや食費などへ自由に使っており、現状、貯金はあまりないとのことだ。

「地上波ではそこまで見ることがないアントニーですが、“お笑い以外の仕事”がわりと多く、そっちで稼いでいるということですね。吉本芸人は基本的に劇場の出番とテレビ出演が収入のメインとなるので、アントニーのように“ひっそりと売れている”芸人はレアケースです」(お笑い事務所関係者)

 お笑い賞レースで何らかの結果を出したわけでもないアントニーだが、なぜこれほどの額を毎月しっかり稼げているのだろうか?

「アントニーは人当たりがよくて、若手芸人のなかでも特に交友関係が広いんですよ。芸人以外の芸能人はもちろん、いろいろな企業の社長などとの交流もあります。つまり、顔の広さが功を奏して、お笑い以外の仕事をにつながっているのでしょう。ただ、芸能人と飲み歩いている“社長”と呼ばれる人の中には、多少グレーなシノギをしている人も少なくない。暴露系YouTuberのガーシーも、生配信でアントニーの怪しげな交友関係に言及したことがありました。鬼越トマホークも、YouTube動画『【終焉】第二の暴露系YouTuberになったら芸能界を終わらせる芸人とは』でアントニーの名を挙げ、本人から聞いたというヤバめの飲み会エピソードを明かしていました」(週刊誌記者)

 もちろん、これらはネタや噂の域を出ておらず、真偽不明な情報だ。

「アントニーがスゴいのは、怪しい人脈と近いとこれだけ囁かれているのに、決定的なしくじりは犯していないところですよ。多方面に交友関係が広くても、アウトになりそうなラインを嗅ぎ分けるバランス感覚が優れているのでしょうね。まさに、芸能界で成功するタイプの人間ですね」(同)

 コンビでのネタでは全く目立っていないが、アントニーのトーク力については「同世代の芸人のなかでもNo.1」と高く評価されているようだ。

「やっぱりエピソードトークも強いし、フリートークも強い。芸人以外のタレントとの絡みもうまくてテレビ向きですね。このまま不祥事さえ出てこなかったら、そのうちバラエティー番組のMCをやっているようなタレントになっていてもおかしくないと思います」(前出・お笑い事務所関係者)

 月収100万円を叩き出す“伏兵”アントニー。テレビ界を席巻する日も近い?

 

手山足実(てやま・あしみ)

手山足実(てやま・あしみ)

出版業界歴20年超のベテランジャーナリスト。新聞、週刊誌、カルチャー誌、ギャンブル誌、ファンクラブ会報、企業パンフレット、オウンドメディア、広告など、あらゆる媒体に執筆。趣味はペットの動画を見ること、有名人の出没スポットパトロール。

最終更新:2022/09/05 07:00

アントニー「月収123万円」暴露の裏側 “グレーな交友関係”はセーフなのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

アントニオ猪木「猪木といえば●●」

 放送作家の深田憲作です。 「企画倉庫」という...…
写真
インタビュー

地方政治のおかしさあぶりだす『裸のムラ』

 2016年、富山市議たちの不正受給を地元・...…
写真