日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > Aマッソ、バラエティ進出で“丸くなった”?

Aマッソ、バラエティ進出で“丸くなった”? 安定感&破天荒エピソードでオファー急増

文=田井じゅん(たい・じゅん)

Aマッソ、バラエティ進出で丸くなった? 加納の安定感と村上の破天荒エピソードでオファー急増の画像1
【公式】AマッソマネージャーTwitter(@amasso_official)より

 3時のヒロイン、ヒコロヒー、蛙亭・イワクラ、ぼる塾、納言・薄幸、ラランド・サーヤ……多くの女性芸人が活躍している昨今。その中でも着実に存在感を増しているのが、加納愛子と村上愛のコンビ、Aマッソだ。

 昨年12月に行われた『女芸人No.1決定戦 THE W 2021』で準優勝したAマッソ。これまでは先鋭的なネタを持ち味として、尖った芸風と見られることも多かったが、最近ではバラエティー番組でオールマイティな活躍を見せることも増えている。

「もともとAマッソはひな壇で活躍するタイプではなく、ワードセンスやシュールな切り口による“センス系”の芸人というイメージでした。でも、ここ数年で地上波テレビでの露出も増え、ひな壇的な動きもするし、無難なトークもするし、ベタなイジりにも対応するようになっています。芸歴を重ねてきたことで、だいぶ丸くなってきた結果、テレビにも適応しているのでしょう。特に、ネタ作りを担当している加納は毒っ気とベタのバランスが絶妙で、ピンでの番組出演も多く、番組のスタッフからも信用されています」(構成作家)

 一方で、ボケ担当の村上については、破天荒なプライベートにスポットが当たりつつある。

「村上はお酒が好きで、芸人仲間ともよく飲んでいるんですが、飲みの席でのエピソードが本当に面白い。インディアンス・きむとつかみ合いの大喧嘩をした話や、泥酔して記憶をなくして朝起きたら真空ジェシカ・ガクと抱き合って寝ていた話なんかは最高です(笑)。こういう逸話が次々と生まれてくるのが、村上の魅力ですね」(同)

 Aマッソは、2021年10月からMBSラジオ『AマッソのMBSヤングタウン』のレギュラーを務めている。

「それまでもAマッソはラジオ番組を担当していましたが、『ヤングタウン』という大きな看板を任されたことで、一気に注目度が上がったのは間違いないです。そして、その『ヤングタウン』で村上の破天荒エピソードがこれでもかと展開されていくわけです。多くの人が聴取している番組で、自分たちのキャラクターを存分に出せるようになったのは、Aマッソにとってとても大きなことだと思いますよ。『ヤングタウン』が始まってから、さらにAマッソの露出も増えていますし、あの番組を聞いてオファーを検討するテレビスタッフも多いですからね」(同)

 上り調子のAマッソにとって、悲願となるのが賞レースでの優勝だ。現在予選が開催されている『キングオブコント2022』では、惜しくも準々決勝で敗退してしまった。

「『THE W』では2回決勝に進出しているものの、『キングオブコント』と『M−1グランプリ』では思うような結果が出ていないんですよね。本来エッジの効いたネタが特徴的なコンビであり、その点で賞レースとの相性があまりよくないとも言われています。でも、メディア露出が増えて、自分たちのキャラクターが浸透すれば、ネタの妙味がより伝わりやすくなっていく可能性も高い。むしろ、これからが勝負時かもしれません」(同)

 バラエティー番組と賞レースの両方で飛躍するAマッソに期待だ。

田井じゅん(たい・じゅん)

田井じゅん(たい・じゅん)

1985年生まれ。神奈川県出身。専門学校在学中より、ミニコミ誌やフリーペーパーなどでライター活動を開始。一般企業への就職を経て、週刊誌の芸能記者に転身。アイドル業界や音楽業界を中心に、その裏側を取材中。

最終更新:2022/09/05 08:00

Aマッソ、バラエティ進出で“丸くなった”? 安定感&破天荒エピソードでオファー急増のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

ドッキリの教科書になったワケ

 放送作家の深田憲作です。 「企画倉庫」とい...…
写真
インタビュー

「行くぞ、てめぇら!で行けなかったんです」

 大ヒット公開中の映画『HiGH&L...…
写真