日刊サイゾー トップ > カルチャー > 映画  > 「るろうに剣心」強引な脚本処理シーン
今週の『金曜ロードショー』を楽しむための基礎知識㉖

『るろうに剣心』原作ファンも納得の実写化成功例、唯一の穴「強引な脚本処理シーン」

文=しばりやトーマス(しばりや・とーます)

『伝説の最期編』が若干盛り上がりにかけるワケ

 原作の「京都編」は約2年という長期の連載期間だったので、前後編合わせて4時間以上の実写版でもすべてを再現することはできず、一部をカットしたり細部を変更している。

『伝説の最期編』は細部の変更が多く、例えば剣心が師匠の清十郎の元で奥義会得の修行をするところ、原作では周囲の人間に清十郎の元へ行くことを告げているのだが、実写版では偶然海岸で拾われるため剣心が清十郎の元にいるのを仲間は知らないはずなのに、奥義を会得した後で登場人物のひとりが駆けつけてくるのだ。脚本上かなり強引な処理で「そうなっている」ので違和感が生じている。

 伊勢谷演じる蒼紫は、原作では丁寧に剣心との因縁が描かれているので対決も必然になるが、実写版では『京都大火編』からの登場となり、しかも関係がざっくり描かれているのみ。アクションが目を見張る出来なので盛り上がるが、因縁の対決になるはずが希薄されたのは否めない。

 志々雄の部下には「十本刀」と呼ばれる十人の精鋭がいるが、実写版では尺の関係からか、人物の見せ場などがきちんと描かれているのはそのうちのたった三人だけ!『京都大火編』で志々雄が「十本刀を招集しろ」と命じるシーンまであるのに7人がざっくりと処理されている。映画だけ見ている人には「あと7人はどこいったの?」と疑問が浮かぶのでは。だったらそんなセリフ入れなきゃよかったのに……。

 この実写前後編は「原作部分の再現」についてはどれもこれも最高なのだが、細部を変更した部分についてはこの通りなんとも……微妙なのだ。

『京都大火編』は50億を超える興収だったが、後編の『伝説の最期編』は約44億円と窄んでるのもこの微妙さが影響したのかも?

……とまあ注文の多い原作ファンにとって色々突っ込みたくなるのだが、この2部作が邦画アクション映画のクオリティを数段上げ、漫画実写化の新たな可能性を見出したのは間違いない。10月にはシリーズ完結編の最終章も放送されるので今のうちに要チェックですよ!

 

 

しばりやトーマス(しばりや・とーます)

しばりやトーマス(しばりや・とーます)

関西を中心に活動するフリーの映画面白コメンテイター。どうでもいい時事ネタを収集する企画「地下ニュースグランプリ」主催。

Twitter:@sivariyathomas

最終更新:2022/09/09 19:00
12

『るろうに剣心』原作ファンも納得の実写化成功例、唯一の穴「強引な脚本処理シーン」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

キンプリ突然の崩壊!

ジャニーズのトップアイドル・King&Princeから突然、脱退を表明した平野・岸・神宮寺…今後どうなるかレポート!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

『スーパーパンプト』が痛快すぎる!

 U-NEXTで配信中の『スーパーパンプト/...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真