日刊サイゾー トップ > カルチャー > 映画  > 『るろ剣』原作改定だらけ
今週の『金曜ロードショー』を楽しむための基礎知識㉚

『るろうに剣心 最終章The Final』原作改定だらけが功を奏した理由

『るろうに剣心 最終章The Final』原作改定がちりばめられた理由とその成功の画像1
金曜ロードショー『るろうに剣心 最終章 The Final』日本テレビ 公式サイトより

 2012年に一作目が公開、以後足掛け10年に渡って五本の長編シリーズとなった映画『るろうに剣心』の完結編となる、2021年公開の二作品がついに日本テレビ系『金曜ロードショー』に登場!

 まずは完結編の前編にあたる『るろうに剣心 最終章 The Final』です。

 これは「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された原作漫画のオーラスとなるエピソード“人誅編”をベースにした映画。京都での戦いを経て平和な日々を過ごしていた剣心(佐藤健)たちであったが、正体不明の何者かによって剣心の知人、縁者らが襲われ、襲撃者は「人誅のはじまりだ」という言葉を残す。

 連中の目的がわからず困惑する剣心の前に現れたのは、襲撃者を陰で操っている雪代縁(新田真剣佑)。縁はかつて剣心の妻だった巴(有村架純)の弟で、姉の事を慕っていたが複雑に絡み合う事情から剣心が、巴を斬殺した事で強い恨みを抱いており、「天が裁かぬのなら自分で裁く」という意味の「人誅」を剣心に実行する。

 原作の「人誅編」は幕末の時代には血も涙もない非道の「人斬り抜刀斎」と呼ばれていた剣心の過去や、剣心が明治の時代には人を殺さない誓いを立て、流浪人としてさすらうことになった理由が語られ、これまでの伏線がすべて回収されて終幕となる物語の総決算に。

 実写版もこの人誅編で完結となり、シリーズ通しての売りであった全国ロケーション(京都、滋賀、奈良から広島、熊本、長野、栃木……)、谷垣健司率いるアクションチームによる桁外れのアクションは、さらにスケールアップ。

 今までは映像にするだけで喜んでいたファンも、目が肥えているので少々のことでは驚かない。「前作以上のもの」を期待され求められている注目作な上、原作における「人誅編」というエピソードの位置づけそのものが問題なので『最終章  The Final』の出来に一部のファンが不安を感じていた。

 原作漫画『るろうに剣心』の、人気が最高潮に達していたのは間違いなく前2作『京都大火編/伝説の最期編』のベースになった「京都編」だ。「人誅編」は人気がない、とまでは言わないけれど、盛り上がりという意味ではやや劣る。その理由は敵となるキャラクターの差だ。

「京都編」の敵、志々雄真実は原作中でも最強の実力を誇り、頭のてっぺんからつま先まで「完全なる悪」なので読者、観客も「徹底的に叩きのめしてほしい」と思えるが、「人誅編」の敵、雪代縁が剣心を憎み、恨むが故に「無関係の人間を巻き込んでも人誅を果たす」という明らかに間違っている「歪み」に至ってしまう理由がわかってしまうので、無邪気に「縁をやっつけてしまえばいい」とはならない。勝ったとしてもまったくカタルシスが得られないのだ。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

松本人志のルーツ

今週の注目記事・1「総力取材 尼崎~心斎橋~...…
写真
イチオシ記事

マユリカ・阪本に『ラヴィット!』震撼

 今やバラエティに引っ張りだこの人気芸人・マユリカだが、そんなマユリカの頭脳である阪本が20日、出演していた『ラヴィット!』(TBS系)でスタジオ...…
写真