日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > 芸人にとっての「うつ病」とは?

アクセルホッパー永井佑一郎の勇気ある告白で考える 芸人にとっての「うつ病」

文=檜山 豊(ひやま・ゆたか)

アクセルホッパー永井佑一郎の勇気ある告白― 芸人にとっての「うつ病」の画像1
永井佑一郎 VICTOR MUSIC ARTS 公式サイトより

 先月のことだが、アクセルホッパーこと芸人の永井佑一郎さんが自身のTwitterで「うつ病」を患っていることを公表した。

 Twitterでは

「楽になりたくて、今の僕の事を書かせて貰いました」

という本文と共に長文が画像として貼り付けてあった。

 さらに文章の冒頭
「楽になりたいから書かせて貰います。自分の為に書かせて貰います。甘えです。でも書かせて下さい」

という葛藤から始まり「お笑い芸人として良くない事を書きます」と一言添えられ「僕はうつ病です」と綴った。

 永井さんはすでに10年以上安定剤を飲んでいるらしく、相当前からうつ病を患っていることになる。それでも仕事に支障が出ておらず何とか踏ん張ってきたのだろうが、ここ2年くらいで仕事に支障が出る事態に陥ってしまい、今回の発表になったということだ。

 永井さんは「芸人として良くない事を書きます」と言っているが、確かにエンターテイメントを発信する職業、とくに笑いに特化した職業についている芸人は、笑えなくなるようなマイナスプロモーションは極力発信したくないものである。

 うつ病を発表してしまうと、そういう目で見られて笑いが起こらなくなる可能性は高い。うつ病というだけで、今も苦しんでいるんじゃないか、無理して明るく振舞っているんじゃないかと思われてしまうからだ。どれだけ面白い事をしたとしても笑いにならないのは、芸人として耐えられない。

 しかし永井さんはそれを踏まえたとしても、仕事を休んでしまったり、家から出られなくなってしまい関係者に迷惑をかけている現状を鑑みて、自身がお笑い芸人を続ける為にも前向きな感情で報告するという手段を選んだ。

 この発表をしたあと、永井さんのTwitterには沢山励ましのメッセージや、貴重な情報が届いたらしい。結果として永井佑一郎という芸人にとっては、せめてものプラスになったのではないだろうか。

 世の中にはうつ病で悩んでいる人が多い。このコラムを読んでいる人にももしかしたらいるかもしれない。

 かく言う僕自身も数年前からうつ病を患っている。

 こう書くと心配されてしまうかもしれないが、うつ病と言ってもその程度があり、重度のうつ病でもない限り普通に生活を送ることは出来る。普通に仕事も出来る。ただ時折、気持ちの落ち込みが強くなったり、何もやる気がなくなったり、体がだるくなるという”抑うつ状態”が出てしまう。この”抑うつ状態”が1日中ほとんどの場面で見られ、長期間続くと「うつ病」という診断になるそうだ。

 ここからは僕の体験談なので、あまり参考にはならないかもしれないが、もしかしたら自分がうつ病かもしれないと悩んでいる人には読んでいただきたい。

123
関連キーワード

アクセルホッパー永井佑一郎の勇気ある告白で考える 芸人にとっての「うつ病」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

スローテンポ漫才師が多い懸念

「M-1グランプリ2022」の決勝進出者が11月30日に22時からGYAO!生配信で発表されました。今年の準決勝は有料生配信も行われ、アーカイブも...…
写真
人気連載

「平野くん、グレープカンパニーは?」

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
あぷ噛む

ハッピーニューアイコン新野尾七奈インタビュー

 Z世代の恋愛模様や友情をウォッチする、ABEMAの恋愛リアリティ番組「オオカミ」シリーズの最新作『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない...…
写真