日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > 『THE W』ファイナリスト同じ問題

『THE W』自由度の高さの割にファイナリストが似通ってる問題

ヨネダ2000はどこで失敗したのか?

 まず1組目は3度目の決勝進出、女性東京しゃべくり漫才師の「TEAM BANANA」。

 どの大会においてもトップバッターはとても厳しく見られてしまい、優勝するのはかなり難しい。その辺りの運もこういう大会においては重要な要素になってくる。間違いなく緊張していたと思うが、そんな素振りを一切見せず、漫才の冒頭から落ち着いて笑いを起こしていたので素晴らしい。そしてボケも狙ったところは外さずにウケていたので、この漫才としては100点に近い見せ方が出来たのではないだろうか。

 改善点があるとするなら、ボケの質は変化していたのだが、笑いの起きるポイントが一定のテンポで設定されている為、少し平坦なネタに見えてしまった。後半になるにつれてテンポを早めて、連続でボケるようなネタになればネタに緩急がついて、漫才特有の疾走感が出たかもしれない。さらに大ボケの後のツッコミの弱さと、後のボケに関わってくる「気持ち悪い」というツッコミが流れてしまっていたのが、いささか勿体なかった。

 2組目は今年のM-1の決勝進出も決定している、独特な世界観をもつ「ヨネダ2000」。

 このコンビはAブロックを制し、ファイナルステージへ進出している。ファーストステージのネタはヨネダ2000さんらしい独特なネタで、なんでもありの大会を象徴しているようなネタだった。

 率直な感想としては突飛な発想力だったが、笑えるものでは無かった。ネタの展開が発想力に比べるとベタなもので予想出来てしまい、想像を越えては来なかった印象だ。ネタへの好みがあるので一概には言えないが、このネタだけを評価すると僕としてはファイナルステージへ進むのは、別のコンビだった気がする。

 ファイナルステージはファーストステージ同様、いかにもヨネダ2000というネタだったが、ファーストステージよりもネタとしてはしっかりしており、ボケの主軸となる発想もぶっ飛び過ぎていないものだったので、笑いやすかった。ネタの最後がファーストステージで使っていた音楽と同じようなものが流れてその曲で踊るというボケだったのだが、ファーストステージで散々聞いたことにより、お客さんとしては新鮮味が薄れ尻すぼみに感じてしまったのではないだろうか。

 こういった連続してネタをやる場合は、コンビの色を入れつつも、出来るだけ違うパターンのネタを見せた方が有利だ。ファイナルステージへ進んだ他のコンビと比べたときに、ネタの内容自体はヨネダ2000さんが一番面白かっただけに、最後で笑いが跳ねれば優勝できたかもしれない。とても勿体ない。

123456
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『24時間テレビ』強行放送の日テレに反省の色ナシ

「愛は地球を救う」のキャッチフレーズで197...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真