本多圭の『芸能界・古今・裏・レポート』

『笑点』での円楽の後継争いが熾烈! 日テレは視聴率を取るか、義理を取るか

文=本多圭(ほんだ・けい)

『笑点』亡き円楽の後継争いが熾烈! 日テレは視聴率を取るか、義理を取るかの画像1
本命といわれる春風亭一之輔(公式サイトより)

 昨年9月30日に肺がんのため死去した人気落語家の三遊亭円楽(享年72歳)さん。その円楽さんがレギュラーを務めていた長寿演芸番組『笑点』(日本テレビ系)の新メンバーが2月に登場することが明らかになったが、後任が誰になるのか注目されている。

 「円楽さんの死後、“ポスト円楽”として本命視されたのは、今、最も独演会のチケットが取れないと言われている春風亭一之輔と、昨年3月に真打ちに昇進した女性落語家の蝶花桜桃花です。一之輔の人気は申し分ないですし、桜桃花も“寄席のプリンセス”の異名を持つほど、人気・実力とも群を抜いていて、実際、『笑点』にゲスト出演したときも高視聴率を叩き出しています」(お笑い番組ディレクター)

 こうした本命候補に加えて、穴候補として注目されているのが、落語芸術協会所属で若手落語家ユニット「成金」出身の柳亭小痴楽春風亭昇々、それに立川流の立川晴の輔だという。

 「小痴楽は父親が五代目柳亭痴楽というサラブレッドですし、昇々は『笑点』の司会を務める春風亭昇太の愛弟子で、どちらも後任として申し分ありません。立川流は、創始者で『笑点』の初代司会者である立川談志さんが、降板後、『笑点』批判を続けたことから、長らく“『笑点』メンバーが立川流から選ばれることはない”と言われてきたのですが、立川志らくが『笑点』にゲスト出演したこともあって近年は雪解けムードとなっていて、志らくより先に『笑点』に出演した若手の晴の輔の名前が上がっています」(前同)

 こうして多くの候補者が並ぶ中、実は新メンバーは1人とは限らないのではないかという見方もある。

「(林家)木久扇は85歳ですからね。視聴者からも『がんばっている分、見ていて痛々しい』という声が上がっているようですし、“ここらが潮時”という声もありますが、そうなると2枠空くんです」(前同)

 過去2回のがんを克服した林家木久扇だが、一昨年は自宅で転倒して左大腿骨を骨折。その影響で5分程度しか正座できず、現在、『笑点』では椅子に座って出演しているが、11月6日に放送された『笑点』では「生前葬をやってほしい」とまで発言して、降板説が流れている。

 「そこで一昨年12月に降板した林家三平の返り咲きが急浮上しているんです。三平自身、返り咲きを猛アピールしています」(演芸ライター)

 円楽さんは、降板した三平について「落語が下手なうえに、大喜利でも使いものにならない」と酷評する一方、三平の将来についても気を遣っていたという。

 「彼が戻れるかは、落語界にも影響力を持つ人気放送作家の高田文夫のバックアップ次第だとも言われています。彼は三平の母親で“海老名ファミリーのゴッドマザー”と呼ばれる海老名香葉子さんには頭が上がらない。“三平をよろしく”と言われたら、断れないでしょう」(前同)

 ところが、ここにきて、円楽さんは、自身の『笑点』復帰を断念した時点で、五代目圓楽一門会の2人を後継者として推薦していたことが明らかになったという。

「円楽さんは8月初めに高座復帰したものの、『笑点』には復帰できないと覚悟していたようで、親しい日テレ関係者に自分の後継者として五代目圓楽一門会の中堅真打ちの三遊亭兼好と三遊亭萬橘の2人を推薦していたそうなんです。『笑点』のレギュラーになれば、一門の落語会のチケットも売れ、生活に困らない。そのため、大喜利メンバーの座は一門争いとも言われていますが、日テレもそうした円楽さんの遺志は無視できないと思いますよ」(席亭関係者)

 とはいっても、前述した一之輔ほかの候補者たちは、将来性や華がある人気落語家ばかりで、視聴率も期待できる。視聴率を取るのか、それとも円楽さんへの義理を果たすか、日テレの決断に注目が集まる。

(文=本多 圭)

本多圭(ほんだ・けい)

本多圭(ほんだ・けい)

芸能取材歴40年以上、タブー知らずのベテランジャーナリスト。主な著書に『 スキャンダルにまみれた芸能界のトンデモない奴ら』など。

サイト:記事一覧

最終更新:2023/01/07 15:00

『笑点』での円楽の後継争いが熾烈! 日テレは視聴率を取るか、義理を取るかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「ルフィ」の“賢すぎる”手口

今週の注目記事・第1位「全国連続強盗予告した...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真