日刊サイゾー トップ > 児童ポルノ

児童ポルノの記事一覧 (62件)

「オタクは二次元にしか興味ないのか?」充実した講演の一方で不安も残った児童保護の現状院内集会

「表現の自由」を守る活動を行う人々は、実際に被害に遭っている児童の保護をどのように考えるのか。10日、「実在児童の人権擁護基金」の呼びかけで院内集会「“子どもシェルター”における...

狙いは提出阻止から……児童ポルノ法改“悪”案の提出はいつになるのか?

今国会にも提出が予定されている「児童ポルノ法」改正案。既報の通り、8日の参議院予算委員会での、みんなの党・山田太郎参議院議員の質問は大きな注目を集めている。そうした中で唯一わから...
『図書館戦争』を現実にしないために──

みんなの党・山田太郎参議院議員「表現の自由を大幅に規制する『児童ポルノ法』案に反対します」

3日、自民党政調会長の高市早苗衆院議員らが今国会への提出を予定している「児童ポルノ法」改正案(実質的な与党案)をいち早く自身のサイトで公開すると共に、「表現の自由を大幅に規制する...

東京から地方まで……全国各地で「児童ポルノ法」与党案反対集会が続々開催予定

いよいよ、本格的な戦いが幕を開けるのか。 先日、国民の基本的人権・権利を著しく侵害する恐れが高いとされる与党案が明らかになった「児童ポルノ法」改正問題をめぐり、問題点を多くの人に...

国家レベルでマンガ・アニメも監視する検閲社会がやってくる! 児童ポルノ法の先にある「有害情報」規制

いよいよ国会での審議が始まりそうな児童ポルノ法改正案。その中でも「表現の自由」を侵害するのではと危惧される与党案を熱心に推進しているのが、自民党の政調会長・高市早苗衆議院議員だ。...

もはや単純所持禁止は避けられない──新たな児ポ法改正議論の最新事情

今月9日、自民、公明両党は与党政策責任者会議で、児童買春・ポルノ禁止法改正案を議員立法で今国会に共同提出する方針を固め、作業に入っている。2008年に規制強化を含んだ改正案が審議...

AKB48・河西智美の“児童に性器を触らせた”写真集に、当局「出版されるなら逮捕者が──」

「出版されるなら逮捕者が出る話──」 スポーツ紙に掲載されたAKB48・河西智美の写真集の記事を手に、児童ポルノを取り締まる警視庁生活安全局の職員は強く断言した。「社会通念とかで...
再び児童ポルノ法の論戦が始まる!?

「ジャニーズも児童ポルノ扱い」した「自白は証拠の王様」男が衆院選で返り咲き当選!

全国各地で自民党が議席奪還を果たした2012年衆院選。最も強硬な「表現の自由」規制論者として知られる葉梨康弘氏(茨城3区より復活当選)も、その一人だ。09年、国会での児童ポルノ法...

「知事による廃棄命令は!?」ついに発動された、“日本一番厳しい児童ポルノ規制条例”

昨年10月に成立した、京都府児童ポルノの規制等に関する条例。山田啓二知事が、2010年の府知事選のマニフェストで「日本で一番厳しい児童ポルノ規制条例をつくります」と掲げたことから...

「東方のクリアデータを返せ!」スウェーデン<マンガ“児童ポルノ”裁判>元被告が悲痛な訴え!

6月、スウェーデンでPCに保存していたマンガの画像が「児童ポルノ」にあたるとして逮捕・起訴されていた裁判で、同国最高裁から無罪判決を勝ち取ったシモーン・ルンドストローム氏(記事参...

【速報】スウェーデン「非実在青少年」裁判 スウェーデン最高裁が起訴自体を批判し無罪判決

本日16時頃、シーモン・ルンドストローム(Simon Lundstroem)氏から届いたメールによれば、スウェーデン最高裁判所は性的なポーズをとる女児を描いたイラスト39点をパソ...
「単純所持で冤罪が立証された例はない」「漫画のキャラの年齢を判断する基準はある」

単純所持違法化の歪み……児ポ根絶セミナーで飛び出すスウェーデン当局の仰天発言

6月2日、日本国内での「児童ポルノ」の単純所持禁止の必要性、インターネット上の児童ポルノの根絶に向けた国際シンポジウム「第3回児童の性的搾取に反対する世界会議(2008年リオ会議...
きっかけは親権を争う元妻の「ウソ通報」!

スウェーデン「非実在青少年」裁判の当事者を直撃 過剰な表現規制が生み出す冤罪の構図とは

漫画は児童ポルノに該当するのか――。スウェーデンの最高裁判所で、日本のエロ漫画を所持し逮捕された男性の裁判が5月16日から始まった。この事件、問題は単に漫画が児童ポルノに該当する...

「限りなくリアルな児ポも製造可能?」CGの技術革新で懸念される児ポ法の新たな問題点

4月24日、弁護士で甲南大学法科大学院教授の園田寿氏を招き、衆議院第一議員会館で児童買春・児童ポルノ禁止法に関する院内勉強会「児童ポルノ禁止法の問題点」(主催:NPOうぐいすリボ...
なぜ? 単純所持規制を支持しない人は完全に閉め出し!

「漫画・アニメのせいで子どもが犯される」「文章も禁止」過激発言満載の児ポ法規制推進派院内集会

2月14日、衆議院第一議員会館で院内集会「国際エクパット事務局長来日 今こそグローバルスタンダードへ! 児童買春・児童ポルノ禁止法(以下、児ポ法)の改正に向けて」がECPAT/ス...
【橋本大二郎氏が語る「表現の自由」(下)】

「里中満智子さんとアグネス・チャンさんが対談すればいい」

■【上】【中】はこちら 取材の中で橋本氏が何度も語ったのは、議論を尽くす必要性と、議論をするために知識が必要という点だ。「自分は感性の近い人の発言は信じる。だから(漫画家の)里中...
【橋本大二郎氏が語る「表現の自由」(中)】

「単純所持」議論を任せてはいけない人たちがいる

■【上】はこちら 当初、橋本氏は「児童ポルノ法」の改定論議の中で、冤罪の危惧などの課題があることには、気づいていなかった。ところが、これまでの濃厚な人生経験ゆえの直感なのか「その...
【橋本大二郎氏が語る「表現の自由」(上)】

母の代から続く、日本ユニセフ協会との縁

NHK勤務を経て、4期16年高知県知事を務めた橋本大二郎氏。  「表現の自由」をめぐる問題の中で、幾度となく俎上にあがる「児童ポルノ法」。今年に入ってからは、東京都のいわゆる「非...

取材拒否! 日本ユニセフ協会「児ポ法早期改正を求める署名」に賛同する連合の不見識

日本ユニセフ協会(以下、ユニセフ協会)が呼びかけている「児童ポルノがない世界を目指して」国民運動。その一環として行われているのが、所持の禁止を含めた児童ポルノ法の早期改正を求める...

ネット利用者の被害は甚大? 「児童ポルノ」ブロッキング問題とは

なにかと注目される「児童ポルノ」の規制問題。そこで新たに話題となっているのがインターネットでのブロッキング問題だ。インターネット上での「児童ポルノ」の流通を阻止しようとする動きが...

一般人を相手にした”恫喝”?  日本ユニセフ協会批判サイトが訴えられた!

「名古屋ケーキバイキング・アラモード」より 国連の国際連合児童基金(ユニセフ)と協力協定を結び、日本において寄付募集、広報・啓蒙活動を行う財団法人「日本ユニセフ協会」(以下協会)...

テレビアニメでパンチラはタブー!? 各テレビ局の表現規制対応は?

児童ポルノ法による規制の動きが強まるなか、テレビアニメでも表現の規制が厳しくなってきている。  視聴者やスポンサーのみならず、時には圧力団体までもが、教育上の理由やフェミニズムの...
罰金払えばあとは丸儲け!?

ジュニアアイドルの着エロ「逮捕でもやめないワケ」

性器や乳首以外の部分を限界まで露出する"着エロ"。3年ほど前から10代前半のジュニアアイドルたちによる着エロDVDの過激化が世間で問題視され始め、07年10月には"Tバック小学生...
「ロリコン禁止法」なんて声も囁かれるが......

民主党政権でどう変わる? 児童ポルノ法改正のゆくえ(後編)

■前編はこちらから巨大与党となった民主党案の出来は? では、日本ユニセフ協会が「準児童ポルノ」と呼ぶ、「被写体が実在するか否かを問わず、18歳未満の児童の性的な姿態や虐待などを写...
「ロリコン禁止法」なんて声も囁かれるが......

民主党政権でどう変わる? 児童ポルノ法改正のゆくえ(前編)

先の国会での改正審議が引き金となって、推進派、反対・慎重派、そしてアグネス・チャンなどが、児童ポルノ法をめぐり侃々諤々の議論を繰り広げている。この問題のエキスパートである山口貴士...

お騒がせ芸能プロ社長「大胆告白」の全真相

藤田社長と思われる人物のインタビュー記事が掲載された、5月1日付の東スポ。見出しには、「所属アイドルを毒牙!! 芸能プロ社長があきれた衝撃告白 ハメ撮り画像5000枚」とある。...

「マナー守って楽しいロリータ」 内省するロリコン誌の主張!

「COMIC LO」内掲載の意見広告 「YES!ロリータ NO!タッチ」。こんなフレーズを合言葉に刊行されているロリータマンガ専門の成年コミック誌「COMIC LO(コミック エ...

大きいお兄ちゃんが萌え狂う ショタアイドル「ぴこ」(後編)

シリーズぴこ2 『ぴことちこ』前編はこちらヒットのからくりはモーニング娘。戦略!? 7~8カ月にも及ぶ構想の末、ようやく完成したぴこのデザインをブログで公開したのが、第1作目を発...

大きいお兄ちゃんが萌え狂う ショタアイドル「ぴこ」(前編)

都内のスタジオ「スナッピー」で開催された、女装男子コスプレイベント「『ぼくのぴこ』になろうよ!ナイト」。手前の金髪がぴこ 上の写真の異様な光景は、5月31日に開催されたイベント「...

Tバック・手ブラは当たり前! 迷走するジュニアアイドルの未来

心交社摘発事件の要因となったと噂されるDVD 10月16日、ジュニアアイドル業界に激震が走った。業界の最大手出版社である心交社のチーフプロデューサー有金慈青容疑者、そしてビデオ制...
ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

児童ポルノ記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

バイきんぐ西村の本当の“すごみ”

「表現の自由」を守る活動を行う人々は、実際に被害に遭っている児童の保護をどのように考える...
写真