沖田臥竜の記事一覧 (21件)

『インフォーマ』という「仕事場」が出来上がるまでの20数年
地上波ドラマのスケールを越えていると視聴者を唸らせ続けている『インフォーマ』もまもなく中盤戦に突入。小説、ドラマ、コミック、さらにNetflixによる世界配信と、今後も話題に...
『インフォーマ』『ムショぼけ』と沖田臥竜が尼崎を舞台に物語を作る意味
ドラマ『インフォーマ』の第1話で、佐野玲於演じる三島寛治が呼び出された商店街。さびれたアーケードに囲まれた昭和の匂いが強く残る、ある意味“エモい”空間として、視聴者の間で...
ドラマ『インフォーマ』10話配信終了後から世界配信開始! その起点となった小説へのこだわり
ドラマ『インフォーマ』のNetflix、関西テレビでの放送がスタートし、SNSなどでは「地上波ドラマのクオリティではない」「次回が待ち遠しい!」など、好評の声が続々と寄せられ...
『インフォーマ』は「世の中を知った気になっている者たち」へのカウンターである【対談・沖田臥竜×藤井道人】
今度は、元極道の情報屋だ! アウトローの世界から作家に転じ、リアリティー迫る世界観とハードボイルドさ、そこに関西人らしいユーモアも交えた独特の作風で人気の小説家・沖田臥竜氏。...
『インフォーマ』制作発表試写会でサプライズを仕掛けた作者の想い
1月14日、東京都内でドラマ『インフォーマ』の制作発表試写会が行われた。登壇したのは、主要キャストである桐谷健太さん、佐野玲於さん、森田剛さんに加え、藤井道人監督。そして、本作...
桐谷健太が覚醒? 森田剛との共演に佐野玲於も「運命感じる」…『インフォーマ』制作会見レポート
リアリティー迫る世界観とハードボイルドさ、ユーモアを交えた独特の作風が人気の小説家・沖田臥竜氏の小説『インフォーマ』(サイゾー文芸部)が関西テレビでドラマ化。1月19日より放送...
『インフォーマ』を尼崎から世界へ送り出してくれた人々…「オレら全員がインフォーマじゃ」
沖田臥竜氏が原作を務めたドラマ『ムショぼけ』の放送から1年ちょっと、ついにNetflixを皮切りに同氏の新作『インフォーマ』がスタートした。どちらも関西準キー局発の作品だが、...
ドラマ『インフォーマ』制作発表試写会に連なる「戦友3人の物語」
1月19日からテレビ放送が開始されるドラマ『インフォーマ』。それに先立ち、マスコミ向けの制作発表試写会が行わるが、原作小説『インフォーマ』(サイゾー文芸部)を執筆した作家の沖...
いよいよ『インフォーマ』がNetflixで開幕! 関西ローカルから全世界配信へ異例の展開
いよいよドラマ『インフォーマ』の放送が開始される。ちょうど2年前、原作者である沖田臥竜氏と監督を務めた藤井道人氏のひとつの会話からスタートした本作は(参考「沖田臥竜×藤井道人...
『インフォーマ』は「世の中を知った気になっている者たち」へのカウンターである【対談・沖田臥竜×藤井道人】
今度は、元極道の情報屋だ! アウトローの世界から作家に転じ、リアリティー迫る世界観とハードボイルドさ、そこに関西人らしいユーモアも交えた独特の作風で人気の小説家・沖田臥竜氏。...
全世界配信『インフォーマ』は「小さな出会い」から生まれた…作者が語る「誕生前夜」
小社から発売された小説『インフォーマ』(サイゾー文芸部)のドラマ化が発表され、先日は衝撃映像に満ちた予告編も公開された。豪華キャストや気鋭のスタッフなどによる作品は、関西テレ...
小説『インフォーマ』がドラマ化、世界配信! 作者・沖田臥竜が語る「成し遂げるということ」
 12月5日に発売される小説『インフォーマ』(サイゾー文芸)がドラマ化されることが発表された。小社刊行の小説としては初の映像化。関西テレビ製作で、同局のみならず、Netfli...
情報化社会を裏で動かす男たちを描く! 小説『インフォーマ』発売
小説家・沖田臥竜氏が新作 『インフォーマ』(小社刊)の発売にあたって寄せた特別エッセイ。アウトローの世界から小説家を目指し、デビューから14作目となった今作。ここに辿り着くま...
話題のドラマの続編小説『ムショぼけ2』発売…刑務所と社会とのギャップが生む「ヒューマニズム」
名優・北村有起哉初主演作としても話題となったドラマ『ムショぼけ』。長い懲役生活から社会復帰した元ヤクザの日常をユーモアと感動を交えた描いた同作は、現在、各動画配信サービスでも...
【沖田臥竜×武田玲奈】「ムショぼけ」って何だ? 清純派女優が異色ヤクザドラマでギャルに変身! 挿入歌熱唱!!
 10月から連続ドラマ『ムショぼけ』(北村有起哉主演)がスタートする。それに先駆け、9月7日には、原作小説『ムショぼけ』(小学館文庫)から発売された。それらを記念して、原作者...
『ヤクザと家族』監修者・沖田臥竜が見た『すばらしき世界』とスーパー脇役・北村有起哉の凄み
現在公開中の映画『ヤクザと家族 The Family』(藤井道人監督)の監修を務める作家・沖田臥竜氏。自身の経験をもとに、同作に現代ヤクザ映画としての「究極のリアル」を吹き込...
映画『ヤクザと家族 The Family』監修者が感じた「舞台裏の輝き」「役割を追求する力」
 私、沖田臥竜が監修と所作指導を務めた映画『ヤクザと家族 The Family』(監督・藤井道人)が本日1月29日から公開される。すでに各所で話題になっているが、現代の生きる...
年末特別コラム【六代目山口組vs神戸山口組 2020】
山口組分裂騒動のキーマンとターニングポイント…誰がこの問題に終止符を打てるのか?
6年目に突入した山口組分裂騒動では、かつては同組織に属していた人物同士が時に対峙し、その後、手を握るような離合集散が起きてきた。そうした人の動きこそが、分裂騒動のターニングポ...
年末特別コラム【六代目山口組vs神戸山口組 2020】
六代目山口組分裂騒動の戦況を一変させた「髙山清司若頭の存在感」
六代目山口組と、2015年にそこから割って出た神戸山口組の対立は、今年大きな動きを見せ、六代目山口組の優位が確定的となったといえる。この状況に導いたキーマンといわれるのが、六...
年末特別コラム【六代目山口組vs神戸山口組 2020】
なぜ、六代目山口組は神戸山口組を圧倒したのか? あまりに強固だったヤクザの秩序と盃の重み
2015年に前代未聞の分裂という事態に見舞われた山口組。それから5年が経過した今年、状況は大きく変わった。六代目山口組と神戸山口組という対峙する勢力の優劣が決定的になったのだ...
六代目山口組・髙山若頭の出所から1年…なぜ分裂問題は大きく動き出したのか
 10月18日に拙著『相剋 山口組分裂 激動の365日』(サイゾー刊)が出版される。  今から1年前、私は品川駅でテレビ局のカメラマンやリポーターと共に、ある人物が現れるのを...
ページ上部へ戻る

配給映画

沖田臥竜記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

『どうする家康』服部半蔵は忍者ではない

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真