日刊サイゾー トップ > 海外  > 韓国お騒がせユーザーが乳首に…

暴行、獣姦に“乳首ファイアー”まで……韓国「お騒がせユーザー」の暴走が止まらない!?

fbstar01.jpg「『いいね!』30万突破で、乳首にガソリンを注いで火をつける」との公約を掲げたシン・テイル氏。果たして……。

 韓国ネット民の間で最近、“ペブクスター”と呼ばれるユーザーの暴走がたびたび問題となっている。この単語は、“Facebookスター”のハングル読みでの略語。Facebook上で有名になった一般ユーザーを指す言葉だ。

 ペブクスターが目指すのは、フォロワー数と「いいね!」の数。その頂点に立とうと、彼らの争いが日に日にエスカレートしている。2月だけでも、以前紹介した「ハツカネズを生で食い、汚物のシャワーを浴びた男性」(参照記事)に負けない、お騒がせユーザーが次々とネットを騒がしているのだ。

 まず、最初に取り上げるのは「ワニを育てる動画」で、4万人のフォロワーを獲得したA。問題となったのは、彼の投稿に男子学生が悪質なリプライを送ったことに端を発する。2月25日、なんとAはこの男子学生の所在地を調べ上げると、彼を正座させて暴行を加える動画を自身のFacebookにアップしたのだ。

 動画では、おびえる男子学生に向かって「顔見てからしゃべれ!」と頬に平手打ちする姿に始まり、涙声になった男子学生が終始「すみませんでした」と繰り返すショッキングな映像が映し出された。

 当然、Aの暴走は許される行為ではない。彼は知人を通して「やらなければいけない行為だった」と公表。同29日には、警察に自首して取り調べを受けたことを告白した。驚くのは、Aがまったく懲りていないことだ。「これからは悪質リプライが来れば、全員告訴する」と息巻いている。

 また、2月24日には、Bが逮捕されている。なんと彼は、注目を集めようと、自身のFacebookに犬を性暴行する獣姦動画をアップしたのだ。

 この行為には多くのネット民からバッシングが集まり、ついに警察まで動く事態となった。逮捕されたBは、取り調べに対して「問題となった獣姦動画は、ネット上にある中国人の動画を自分がやったように見せただけ」と供述。結局、Bにはわいせつ物流布以上の容疑がかけられなかった。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed