日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『好きな人がいること』トンデモ展開

これじゃ、三浦翔平が高畑裕太容疑者ですよ……『好きな人がいること』のトンデモ展開

sukinahito0809フジテレビ系『好きな人がいること』番組サイトより

 フジテレビ月9『好きな人がいること』は第8話。視聴率は7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、同作最低となりました。全話通算でも9%を割り込み、いよいよ前クール『ラヴソング』を下回る可能性も出てきています。ヤバイね!

 今回、基本的には、柴崎夏向(山崎賢人)と美咲(桐谷美玲)のイチャコラで進みます。夏向が柴崎家の養子だったことが明らかになった前回の余韻はまったくないので、もう忘れることにしましょう。なんやかんやありつつ、ただひたすら2人の関係が“イイ感じ”になっていく展開です。

 このドラマの序盤は、桐谷美玲にとってのハーレム状態だけが描かれていました。最初は千秋(三浦翔平)に思いを寄せていた美咲でしたが、いつしか夏向が美咲を切なげに見つめるカットが差し込まれるようになり、美咲はあえなく千秋に失恋。その直後、それまでツンデレだった夏向が美咲に告白し、美咲は返事を保留しつつ“イイ感じ”な時間が流れています。

 で、今度は逆に、千秋が切なげに美咲を見つめるカットがたびたび差し込まれるのです。千秋は楓(菜々緒)と付き合っているにもかかわらず、です。どうやら千秋にも夏向にも「自動嫉妬マシーン」というか、美咲が自分以外の男に思いを寄せ始めると、遠くから切なげに見つめる機能が備わっているようです。

 そういう機能が備わっているとしか思えない、この理由のなさ。ただただ、自分がイケメンの心を焦がしているという快楽的な状況を提示するためだけのシーンの羅列。がんばって美咲の立場を想像してみれば、もうニヤニヤが止まらない展開といえるでしょう。

 美咲には「恋する女」以外のパーソナリティが設定されていません。これはきっと意図的なものであって、「恋したい視聴者」が美咲と同一化してイケメンの心を焦がす快楽を享受するためには、キャラクターの個性や人格はジャマだという思い切った判断が働いていると思われます。第1話のレビューに書いたように、明らかにエロゲ的な話法ですし、例えば今やアニメ界のトップランナーになった新海誠監督が『秒速5センチメートル』(2007)でやったのと同じシステムですね。だいたいの人は「キモ!」つって引くけど、主人公と同一化できた観客だけが強烈な快感を体験ができちゃうという、そういうシステムのドラマなのです。

 物語としては、美咲と夏向の関係がひとつの到達点に達しました。2人で挑んだダイニングアウトなる企画を協力しながら勝ち抜き、お祝いをすることになります。美咲は店でケーキを作り、夏向は家で、美咲から「作ってほしい」とお願いされていたトマト煮込みハンバーグを作ります。


12
こんな記事も読まれています

これじゃ、三浦翔平が高畑裕太容疑者ですよ……『好きな人がいること』のトンデモ展開のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

瓜田、ジャニーさんの少年愛に持論

 解散、脱退、不祥事など、このところジャニー...…
写真
インタビュー

井上淳一が語る、若松孝二の功罪

 そこはまさに“夢の砦”だった。ピンク映画『甘い罠』(65)で映画界に殴り込んだ若松...…
写真