日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 中国人が高速道路でカーセックス

「我慢できなくて……」旅行ラッシュの高速道路上でカーセックスに勤しむ中国人

highway-1連休中は料金が無料になるということもあり、各地の高速道路は大渋滞だ

 中国では10月1日から1週間、国慶節(建国記念日に当たる)の大型連休となった。かの国では、このような長期休暇はほかに春節(旧正月)しかなく、春節は一般的に帰省して家族と過ごす習慣があるため、多くの人はこの国慶節の休みに旅行に出かけることが多い。

近年の中国はすっかり車社会となり、マイカーで遠出する人が増えたため、連休期間中は絶望的なほどの交通渋滞となる。ちっとも前に進まない中、車の中でおとなしくじっとしていられない人民たち。車外に出て散歩や体操をしたり、中には道の脇で用を足す人も。

 まあ、この程度のことは、それほど大きな問題ではないが、そこはやはりなんでもアリの中国、高速道路の上で、われわれが想像もつかないようなことをしでかしてくれる。

highway-2トンネル内で、車体カバーがかけられていた車。中国語ではカーセックスのことを「車震」というらしい。なかなか面白い表現だ

 国慶節の初日、重慶市内を走る高速道路のトンネル内で渋滞が発生しているということで、交通警察が交通整理をしようと駆けつけたところ、トンネル内で1台の車が脇に止まっているのを発見した。異様だったのは、その車が車体カバーで覆われていたこと。警察官が近づいてみると、車が振動している。

 そこで、警察官がその車体カバーを外してみると、なんと、車内で男女が一戦を交えている真っ最中。しかも、その脇では、彼らの子どもがスヤスヤと寝息を立てていた。

 警察官が2人を問いただすと、一家は観光地へ向かう途中で、トンネルに入ったところで子どもがグズりだし、車を脇に止めてあやすことに。ようやく子どもが寝入ったと思ったら、今度はなぜか夫婦2人の下半身に火がついてしまい、辛抱たまらず、車にカバーをかけてイタしてしまったのだという。

highway-3100元ちょっと(約1,600円)の高速料金をケチるために、トンネル内に停車。罰金は200元だったという

 同じ重慶市の別の高速道路では、国慶節の前の晩、トンネル内にある緊急停車用のスペースに車を止めている車を交通警察が発見。何事かと近づいていくと、車の中では4人の女性がスマホを使って麻雀ゲームに熱中している最中だった。

 交通警察の取り調べによると、この4人は国慶節前日の夜9時ごろにトンネル内に入ったのだが、中国では国慶節の連休期間中は高速道路の料金が無料になることから、高速料金を節約するために、深夜0時になるまでトンネル内で時間つぶしをしていたのだった。


12
こんな記事も読まれています

「我慢できなくて……」旅行ラッシュの高速道路上でカーセックスに勤しむ中国人のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【前編】

中国では10月1日から1週間、国慶節(建国記念日に当たる)の大型連休となった。かの国では...
写真