日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > “暗黒”織田裕二が不気味すぎ!

“暗黒”織田裕二の顔面が不気味すぎ! TBS『IQ246~華麗なる事件簿~』視聴率10.1%は過去最低でも……

 そんな3人を含む参加者の目の前で、バンちゃんが高さ5メートルくらいの白壁の上から転落死してしまいました。チョコさんの説明によれば、バンちゃんが立っていた白壁にはARで摩天楼を映し出し、高層ビルの上にバンちゃんがいるという演出だったそうです。

 今回の「完全犯罪の方法」は、なかなかに周到だったように思います。バンちゃんはエビにアレルギーがあり、蜂を異常に恐れる人物でした。セレモニーの直前、チョコさんはバンちゃんの駄菓子箱に包装をすり替えたエビせんべいを混入させ、バンちゃんにアナフィラキシーショックを起こさせます。バンちゃんが緩和剤を打つことも計算済み。さらに、パラメトリック・スピーカーという非常に指向性の強い特殊なスピーカーを使って、ブンブンブンと蜂が飛ぶ音をバンちゃんだけに聞こえるように流して強いストレスを与えます。そうすることで、一度緩和剤によって収まったアナフィラキシーが再び起こるのだそうです。そんなこんなで、バンちゃんは転落して死んでしまったのでした。

 あれ? こうやって手順を書き出してみると、あんまり周到な感じがしません。バンちゃんが気まぐれでエビせんべいを食べなかったら? あるいは、食べてすぐ、あの壁の上に登る前にショックを起こしてしまっていたら? 命綱を外さず、ロープに捕まったまま壁をゆっくり降りようとしてスピーカーの指向から外れたら? そもそも、あれくらいの高さなら、死なない可能性もけっこうあるのでは? ……まあ、冷静になってみれば、今まで通り“偶然任せ”の計画ではあるんですが、実際に見ているときは、そうでもなかったんですよね。ARとか、パラメトリック・スピーカーとか、この種の推理劇で今まであんまり見たことのないガジェットが登場したことで、なんとなく面白く見えちゃった。なんとなく面白く見えちゃったドラマは、たぶん「面白いドラマ」だと言っていいと思うんです。どらまっ子的には。

 ほかにも、面白く見えた要素はいろいろありました。賢正が沙羅駆のマネをして推理に挑んでみたり、家に置いていかれてプクーッとホッペを膨らませてすねてみたりと、ディーン・フジオカ様が異様にチャーミングでしたし、いつもなら囲碁の駒をビシッと盤に叩きつけて謎解きに向かう沙羅駆が、一度「謎が解けない」という顔を見せるのも新鮮でした。そして、推理の決め手になったのが奏子の「幽霊の仕業では?」という戯言なのも、その奏子と沙羅駆のカフェでのやり取りで見せた“暗黒”織田裕二の顔面が異様に不気味だったのも、ようやくバディっぽい2人の関係性に意味が出てきたように見えました。

 そして何より「アイディアは悪くなかったですよ」と沙羅駆に言われたチョコさんが「僕のアイディアじゃない、13と名乗るメールが……」と白状したことで、「あ”あ”あ”あ”あ”ー!」と感情をあらわにする沙羅駆も、「13」とのなんらかの因縁を示唆していて期待大です。

 で、ラストには「13」から沙羅駆に直接メールが届きます。

「完全犯罪の方法、教えます。」

 クール後半、がぜん面白くなるような気がしないでもありませんよ! まだあんまり信用してないけど!
(文=どらまっ子AKIちゃん)

最終更新:2016/11/16 18:57
12

“暗黒”織田裕二の顔面が不気味すぎ! TBS『IQ246~華麗なる事件簿~』視聴率10.1%は過去最低でも……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

『ワンダーウォール』が劇場版に

 文化遺産が数多く残る京都市のなかでも、ひと...…
写真
インタビュー

電気グルーヴ騒動を斬る!

織田裕二のこだわりが詰まったキャラ芝居が、かわいかったりウザかったりな日曜劇場『IQ24...
写真