日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 大ヒット『おとちん』こだま登場!

出版界に大旋風! 『夫のちんぽが入らない』こだまが語る、夫とネットと大喜利と

◆書籍化自体が“壮大な大喜利”

――でも、「週刊SPA!」のインタビューで松尾スズキさんがおっしゃってましたけど、こだまさん、フェイクの入れ方が微妙だと……。

こだま 創作っていう、イチから作ることに慣れてないんです。自分の原体験を基にしなきゃ書けないので、ほぼありのまま。松尾さんに「ちょっとしかズラしてないんじゃないか」って指摘されてハッとしました。

――誠実なんだと思います。ひとつ大きなウソが出てくると、そこに引っ張られちゃう。

こだま 大きく変えたら全然詳しくも書けないですし、かなり外れたものになっちゃったと思います。ただこの本は、美談ではなくて、情けない人間の話として読んでもらえるのが一番ありがたいかなぁ。私のやっていることの中には悪いこともありますし。それをいいように捉えられてしまうのはちょっと……。

――でも、アレですよね。同人誌時代からのお知り合いの、この作品を純粋に面白がっていた人にとっては最高のオチですよね。ただウケたいだけの同人誌が、本になり、13万部売れて、ちょっと感動するみたいな話にもなって……。

こだま で、本人だけがビクビクしてる(笑)。

――すべてが大喜利のような。

こだま 周りの人が一番喜んでますね。

――もしも、もしも、旦那さんにバレたらどうしますか?

こだま 夫次第ですね。「もうこんなもんやめろ」って言われたら、反省の意味も込めてやめるかな……でも、名前だけ変えて、また書いてそうな気もする……。

高石……こだまさん、絶対やめられないと思う。

こだま そう。怖いけど、それを超えるくらい、書いていて楽しいし。

――また「こだま」から、そんな離れてないペンネームつけて(笑)。

高石 間違いなく、ひらがな3文字でしょうね。ヘタしたら「こまだ」。

――ひらがな三文字の作者の面白い作品見つけたら、「あぁ」って思います。

こだま みんな素知らぬふりして、「こだま出直したのか」と迎えてくれたらいいなと思います。
(取材・文=西澤千央)

最終更新:2017/02/21 17:08
12345
こんな記事も読まれています

出版界に大旋風! 『夫のちんぽが入らない』こだまが語る、夫とネットと大喜利とのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

極道×アイドルマンガ作者が語る魅力

「このタイトルで出せないなら、他社に持っていく」。担当編集者にそこまで言わせる作品は、昨...
写真