日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 白鵬を刑事訴追のシナリオがあった!?
週刊誌スクープ大賞

日馬富士暴行問題、当局による「白鵬を刑事訴追」まであった!? 検討された“主犯”のシナリオ

「週刊新潮」(12/28号、新潮社)

今週の注目記事・第1位
「『安倍・麻生』ベッタリ記者の『欠陥スパコン』に公金100億円!!」(「週刊新潮」12/28号)

同・第2位
「AmazonVS.イオン・ヨーカ堂の勝者」(「週刊現代」12/30号)

同・第3位
「『貴乃花』『白鵬』最後の死闘」(「週刊新潮」12/28号)

同・第4位
「日馬富士暴行事件で見えた日本相撲ナショナリズム」(「ニューズウイーク日本版」12/26号)

同・第5位
「太川陽介“旅ロケ”中 妻・藤吉久美子は『路線バス』で不倫へ」(「週刊文春」12/21号)

同・第6位
「9月総裁選に小泉進次郎が出馬」(「週刊現代」12/30号)

同・第7位
「富岡八幡宮宮司刺殺『資産100億円』姉弟“怨霊バトル”全内幕」(「週刊文春」12/21号)

同・第8位
「滝沢カレンが六本木バーの店長と2年越しの熱愛」(「フライデー」12/29号)

同・第9位
「親中派・二階俊博自民幹事長が中国人ビジネスマンに脅されていた!」(「週刊ポスト」1/1・5号)

【巻末付録】現代とポストのSEXYグラビアの勝者はどっちだ!

 今週は、現代とポストが水曜日発売で、新潮も同日。文春はいつも通りの木曜日発売だが、ポストは合併号で480円だ。

 ポストは、今年最後の発売だから、すごいスクープやSEXYグラビアがあるのだろうと見てみたが、残念ながら定価に見合う記事は見当たらない。来年の新年合併号は、たぶん定価500円になるだろう。先週のポストだったか、消費税が10%に引き上げられると、3%上げた前回よりも、消費者の心理的な「高い感」ははるかに上がり、消費は間違いなく落ち込むと書いていたが、その通りになるはずである。

 文春も40万を大きく下回ってきた週刊誌酷寒時代に、消えていく週刊誌が出てくるかもしれない。来年こそが各週刊誌の正念場になるはずだ。

 さて、ほとんど読むところのないポストだが、自民党の二階幹事長の思わせぶりな記事が、オヤと思わせる。

 なんでもポストによると、日本に住む中国籍の会社経営者・王俊彦を、警視庁捜査1課の捜査員が逮捕したという。

 この人物、在日中国人社会では名の通った大物だそうだ。彼の会社が買収した静岡県のセミナーハウスの倉庫から、「衆議院議員二階俊博」と記載のある段ボール箱が見つかったそうである。

 そこで王が、二階の二男に、「買い取った中に大変なものがあった。これを流せば大変なことになる」と脅したというのだ。

 また、衆院選が迫った17年9月22日にも、「明確な返事がない場合は、コピーをマスコミに送る」というメールを出した。

 二男は応じなかった。二階側は被害届を出して、王は逮捕されてしまうのである。

1234567

日馬富士暴行問題、当局による「白鵬を刑事訴追」まであった!? 検討された“主犯”のシナリオのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

コロナ禍の宅配に置き配バッグ「OKIPPA」

新型コロナウイルスの感染拡大によって、私たちの生活様式は大きく変わっている。不要不急の外...
写真