日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 豪JKが”初体験”売るため四苦八苦

豪JKが自身の”初体験”売るために四苦八苦「両親の住宅ローン返済と大学進学資金に……」 

なかなかのナイスバディだ

 18歳の少女が両親の住宅ローンや大学進学資金、総額5万7,000ポンド(約825万円)を稼ぐため、“自身の初体験”をオークションにかけた。

 オーストラリアのニュースサイト「news.com.au」によると、シドニー出身のシエナ・ペイトン(仮名)は、先月18歳の誕生日を迎えた直後に、自身の処女を売るため、ウェブサイトを開設したという。

 これまでのところ、2件入札があったが目標額には届かず、彼女はさらに金額が伸びることを期待している。

 ここのところ、自身の処女を高額でネットオークションにかけるヨーロッパの女子大生がたびたび話題になっているが、シエナもネットニュースでその件を知ったようだ(参照記事)。

 シドニー工科大学でITを学ぶことを望んでいるシエナにとって、処女を売ることはたいした問題ではなく、金銭的な援助を受ける絶好の機会だという。

 だが、ネットで広まっている処女オークションの話は、エスコートサービスの広告だったり、セックスワーカーが処女を演じているだけのデマではないかとの疑問を抱いていた。実際、“処女”を多数出品しているドイツの高級エスコートサービスのサイト「Cinderella Escorts」に応募したところ、なかなか進展がなく、彼女は次なる手に出る。

 自身の処女を74万ポンド(1億700万円)でオークションにかけたという22歳のブラジル人学生の記事を見つけ、彼女のウェブページを通して助言を求めるメールを送ったのだ。するとブラジル人女性は、「自分でウェブページを作って、どんな人を求めているか詳しく書くべきだ」と教えてくれた。

 そこで早速、見よう見まねでサイトを開設。同サイトによると、募集内容は「年齢や外見は問わず、尊敬できる知的な男性」。さらに、落札された暁には、処女の診断証明書提示提示し、「買い手が再度診察を求める場合はそれに従い、ホテルで一緒に12時間を過ごす」としている。

 シエナの行動力には脱帽だが、今年4月、前出の「Cinderella Escorts」で処女を3億円で売った女子大生が「あれはヤラセ」だったと暴露。「サイト運営側には、若い女性たちに処女で大金が稼げると信じ込ませ、セックス産業に引き入れようという狙いがあった」とメディアに語り、大きな話題となったが、娘の処女売却代金でローンを返済された両親は果たして何を思うのか――。

最終更新:2018/11/20 21:00
こんな記事も読まれています

豪JKが自身の”初体験”売るために四苦八苦「両親の住宅ローン返済と大学進学資金に……」 のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

Twitterでチケット転売はアリ?ナシ?

 6月に施行される「チケット転売規制法」を、弁護士法人ALG&Associates山...
写真