日刊サイゾー トップ > 芸能  > フジ、全社員に6万円配布!

開局60周年で全社員に6万円配布! フジテレビ、視聴率低迷でも増収増益のワケ

フジテレビ

 近年業績が低迷していたフジテレビが、2019年3月期決算で久々の増収増益となる見通しとなった。18年末以降、社内では2度にわたり金一封が配られたという。とはいえ、視聴率は依然低空飛行を続け、在京キー局では4位が定位置。業績回復の兆しに浮かれてばかりで大丈夫なのか?

「今年3月の開局60周年を記念して、新年早々に金一封6万円が千円札60枚ずつで全社員に配られました。ありがたいことではありますが、収益が上がっているといってもコ ストカットの効果が大きい。まだまだなんですけどね」 と中堅社員。思いがけないサプライズも、喜んでばかりはいられないという風情だ。

 開局60周年記念ではほかに、本社の社員食堂を「ランチ無料開放」と銘打ち、メニューのいくつかを無料で提供。3月中に8回行われる予定で、社員らでにぎわっているという。

「視聴率や業績がいいと金一封が出るのはテレビ局では昔からよくあることですが、フジテレビでは久しぶりです。経費削減が続いて社員もかつてほどの高待遇ではない。ガス抜きの側面もあるのでは?」(業界関係者)

 2月に発表された19年3月期第3四半期の決算資料などによると、通期の連結営業利益予想を325億円に上方修正。昨年3月期は13年同期以来5期ぶりの増益だったが、今年はついに増収増益となる見通しなのだ。

 視聴率が低迷しているのに、なぜ業績が上がるのか? その理由は人件費、制作費などの抜本的な経費削減に加え、映画のヒットが大きい。

 18年に公開した山下智久主演の医療ドラマ『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』は、年間の興行収入が92億円を超え、実写の邦画で歴代5位を記録した。明るいニュースのインパクトは大きかったようで……。

「年末には社員だけでなく関連会社スタッフにまで“大ヒット御礼”の金一封が配られたほどです。数年ぶりに全社的な納会が開かれ、飲めや歌えやのお祭り騒ぎとなりました」(前出関係者)

 カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した『万引き家族』も、年間の興収は45億円超。受賞は逃したものの、アカデミー賞外国語映画部門にもノミネートされ、再び話題となっている。これらの増収が直接収益に貢献したかたちだ。


12
こんな記事も読まれています

開局60周年で全社員に6万円配布! フジテレビ、視聴率低迷でも増収増益のワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

若手コント師、かが屋の真実

お笑い第7世代と呼ばれる芸人の中で、最も「新しい」と呼ばれる2人、マセキ芸能社所属・...
写真