日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > いだてん禁断の5%割れ目前

『いだてん』禁断の5%割れ目前! 上白石萌歌の競泳水着も効果薄れワースト更新の惨状に

NHK放送センター

 もはや打つ手がない危機的状況になってしまったか。

 NHKの看板だったはずの大河ドラマ『いだてん~東京オリンムピック噺~』(日曜午後8時~)第32話が25日に放送され、視聴率は5.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)にとどまった。これまでの最低であった第30話の5.9%を下回り、大河史上ワースト記録をまたまた更新。今後、ゴールデン帯では打ち切り圏内といわれる、禁断の5%割れをする可能性も出てきた。

 25日の同時間帯では、裏で日本テレビ系『24時間テレビ42 人と人 ~ともに新たな時代へ~』の最終パート(午後6時30分~8時54分)がオンエアされ、27.6%と高視聴率をマーク。『いだてん』は、その影響を少なからず受けたと思われるが、それにしても5.0%は、あまりにも末期的な視聴率だ。

 問題の第32話「独裁者」のストーリーは、米ロサンゼルス五輪の競泳で銀メダルを獲得し、勇躍帰国した前畑秀子(上白石萌歌)を待っていたのは、東京市長・永田秀次郎(イッセー尾形)らによる落胆の声だった。田畑政治(阿部サダヲ)は選手をかばって激怒するが、国民の大きすぎる期待に、前畑は苦悩する。満州事変を非難する国際世論に反発した日本は、国際連盟を脱退し孤立し始めるが、嘉納治五郎(役所広司)らは粘り強く、五輪招致を目指す。熊本の金栗四三(中村勘九郎)のもとには、マラソンで九州一周を目指すという青年が現れる……という展開だった。

 萌歌は第31話に続き、競泳水着姿を披露し、男性視聴者を大いに喜ばせてくれたし、四三の妻・スエ(綾瀬はるか)も久しぶりに登場したが、いずれも数字的な効果はなかった。

『いだてん』は初回15.5%でスタートしたが、第6話にして、早々と1ケタ台に転落。以後、27話連続で10%割れが続き、ついに5.0%まで落ち込んでしまった。ここまでの平均は8.9%で、全話平均でも史上初の1ケタ台に終わる可能性が高い。

 残すは、あと15回で、第41話(10月27日)から、安藤サクラ、浅野忠信、チュートリアル・徳井義実が新キャストとして登場することが決まっている。安藤は先のNHK連続テレビ小説『まんぷく』でヒロインを務め、業界評も人気もグッと上昇しただけに、不振を極める『いだてん』の最後の意地に期待したいところだが……。

最終更新:2019/08/29 21:45
こんな記事も読まれています

『いだてん』禁断の5%割れ目前! 上白石萌歌の競泳水着も効果薄れワースト更新の惨状にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

チュート徳井、巨額脱税で芸人生命終了へ

”板東英二超え”の巨額申告漏れで、売れっ子芸人がテレビから消える!?
写真
人気連載

チュート徳井は悪質なやり方か

今週の注目記事・第1位「森田健作、台風被害の最...…
写真
インタビュー

歩く伝説・山本政志監督が大作を語る

 1980年代に盛り上がったインディーズムーブメントにおいて、その中心にいた人物が山...
写真