日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > 『宮本から君へ』劇場版の熱量
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.549

よくあるTVドラマの劇場版と思うと火傷する!!  池松壮亮と蒼井優が異常に熱い『宮本から君へ』

 

新井英樹の原作コミックの完全映画化となる『宮本から君へ』。宮本&靖子役の池松壮亮と蒼井優がハンパない熱量を放っている。

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラマ『宮本から君へ』(テレビ東京系)の最終回を観て、視聴者の多くは「えっ、これで終わり?」と戸惑ったのではないだろうか。漫画家・新井英樹がバブル時代の1990年~94年に連載した原作コミックの前半部分にあたる“サラリーマン奮闘編”しかドラマは描いていなかったからだ。ドラマの終わりに「劇場版『宮本から君へ』の公開決定!」という告知があるのではとエンディングまで見届けたものの、それもなかった。原作のあの怒濤のクライマックスはどうなるのだ、というモヤモヤ感が残った最終回だった。

 バイオレンス青春映画『ディストラクション・ベイビーズ』(16)で日本映画界に殴り込んだ新鋭・真利子哲也監督でも、『宮本から君へ』後半パートの映像化は無理だったか……。あれだけ過剰なエピソードが満載なら仕方ないよなと諦めていた矢先、物分かりのよくなった自分を揺さぶるようなニュースが伝わってきた。『宮本から君へ』はまだ終わっていない。劇場映画の製作が進行していると。やってくれるじゃないか、宮本浩! そして池松壮亮&真利子監督! テレビでは不可能だった大胆な性描写や過激なバイオレンスシーンを盛り込んだ映画『宮本から君へ』がようやく公開される。もちろん、原作連載時に物議を醸したクライマックスまでを描いた完全版としてだ。

 本作の主人公・宮本浩(池松)は飯田橋にある小さな文房具会社に勤める平凡なサラリーマンだが、映画では宮本が働く姿はほぼ描かれない。職場の先輩・神保(松山ケンイチ)に誘われた飲み会で出会った年上のOL・中野靖子(蒼井優)と鋭い刃物で斬り結ぶかのような激しい恋愛ドラマ、いや愛憎劇となっている。とにもかくにも池松と蒼井の放つ熱量がハンパない。

123
こんな記事も読まれています

よくあるTVドラマの劇場版と思うと火傷する!!  池松壮亮と蒼井優が異常に熱い『宮本から君へ』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

毒舌婚活ブログ”中の人”に聞く

「ブログなんてもう古い、時代はnoteだ――」  そんな声がにわかに高まりだした20...
写真