日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 杉浦太陽、イクメン受賞に猛反発

杉浦太陽、イクメンオブザイヤー受賞に反発の声「なにをもって?」「いつも出張でいないのに」

杉浦太陽公式ブログより

 杉浦太陽が「第9回イクメンオブザイヤー2019」を受賞したことを報告した。

 10月19日の“イクメンの日”制定を記念して作られた「イクメンオブザイヤー」。杉浦は通算3回目の受賞となった。

 杉浦は授賞式が行われた15日にブログを更新し、「3度目のイクメンオブザイヤーを受賞させていただきました」と報告。「恐縮な思いですが、本当に光栄な事です。ありがとうございました」と記し、「妻に感謝です」と、妻でタレントの辻希美に向けた感謝の言葉もつづった。

 さらに杉浦は、「思い返せば、ノアが生まれた頃は、男性がベビーカーを押したり、抱っこ紐をしている姿はほとんど見られませんでした…」と、長女が生まれた12年前は育児に積極的な男性はほとんど見られなかったというものの、「でも、今や街中で日常的に見られる光景…時代が動いているのを実感しております」と、“イクメン”がもはや当たり前になっているとコメント。

 同じ父親の立場の男性に対し、「夫婦で助け合って育児をするのが、『あたりまえ』の世の中になることを願っています」といい、「『父親』である事を楽しんでいきましょう」と呼びかけていた。

 しかし、この投稿にネットからは、「昔からちゃんとやってる人はいる、自分がキッカケ与えてるみたいな言い方…」「なにをもってイクメンなんだろ?出張とかも多いのに」「この前台風のとき出張でいなかったのにイクメンって言われても…」「いつも出張でいないのに」といった反発の声が飛び交っている。

 芸能界を代表する“イクメン”とも言われている杉浦だが、納得のいってないネットユーザーも少なくないようだった。

最終更新:2019/10/16 10:30
こんな記事も読まれています
関連キーワード

杉浦太陽、イクメンオブザイヤー受賞に反発の声「なにをもって?」「いつも出張でいないのに」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

侍ジャパン世界一の裏に野村克也?

 スポーツ系の情報番組やスポーツニュースは、...…
写真
インタビュー

『君の名は。』Pが語るアニメ界の課題

 国内だけで興収250億円、世界興収で3億5,800万ドルを稼ぎ出し、日本映画最大の...
写真