日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 加藤紗里、剛力に謝らない宣言

加藤紗里、剛力彩芽に“謝らない”宣言で物議に「清々しい!」「普通に失礼でしょ」

文=日刊サイゾー

インスタグラム:加藤紗里(@katosari)より

 タレントの加藤紗里が自身に寄せられた批判に反論し、物議を醸している。

 加藤は最近、インスタグラムのストーリーズで、ファンから寄せられた「何でお金持ち好きなのに前澤社長を狙わなかったんですか?」という質問に対し、「剛力みたいに紗里はミーハーに使われて捨てられて終わりたくないので」などと返信し、物議を醸していた。

 そんな中、加藤は14日にインスタグラムを更新し、「たくさーんの紗里をディスってくれる君たちへ」と前置きし、「紗里は素直に言いたいことを言ってるの。あくまで紗里の思う意見ね」と、自身の発信する言葉について持論だということを改めて強調した。

 その上で加藤は、「剛力て呼び捨て謝れ?謝らないよ。だって年下だし会ったことないし」「自分に稼ぐ能力がないから男にすがってるって??紗里みじめな暮らしは大嫌い。毎日楽しくやりたいことして生きたいの。そのために殿方の力を借りるのは悪いこと??」など、寄せられたバッシングについて反論した。

 さらに「紗里は男ありきの紗里」と堂々と記した上で、「てな感じでまたまたたくさーんのディスりは待ってるけど、紗里を調教できるなんて思わないでよね」とつづった。

 この投稿に加藤のインスタグラムには、「清々しくて良いと思う!」「40、50、60歳になっても、その生き方ぶれないで」という声が集まっていたが、一方ネット上では、「いや呼び捨ては謝罪しなよ。普通に失礼でしょ」「アンチ増やして炎上で稼ぐ気マンマンなのかな」「年下相手だから礼儀が要らないとは思わないけどね」という声も見受けられた。

 賛否ある加藤の意見。しかし、いずれにせよ一方的なバッシングは、加藤には全く効かないようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/17 17:33
関連キーワード

加藤紗里、剛力彩芽に“謝らない”宣言で物議に「清々しい!」「普通に失礼でしょ」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

話題の「バ美肉」マンガ2選

令和になってもYouTuberの勢いは止まりませ...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

 洋画や洋楽でおなじみな「F××k」に代表されるスラング。くだけた表現では「F××k...
写真