日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 小室圭さんが極秘裏の動き
週刊誌スクープ大賞

秋篠宮の誕生日に眞子さま&佳子さまの姿見えず…婚約延期の期限前に「小室圭さんが極秘裏の動き」

文=元木昌彦(もとき・まさひこ)

 お次はフライデーから。BMWというのはクルマ好きにはたまらないものなのだろう。そのBMWの正規ディーラーだったが、17年に契約を切られた横山健治(63)が、悪質で陰湿なBMWジャパンのいじめを告発している。

 日本で販売可能な台数は3万5000台ほどなのに、全国のディーラーに課せられたノルマは計5万8000台だという。仕方なくディラーたちは、販売目標を達成するため、彼らが自らクルマを買い、運輸支局に所有者登録して、「新古車」として売るのだそうだ。

 計画の台数をクリアすると、BMWからボーナスが出るので、その穴埋めをしてきたそうだ。

 だが、それも限界に来たという。13年以降は、計画台数の4割が「新古車」になってしまって、ボーナスをもらっても追いつかなくなったそうだ。

 ノルマが達成できないと、BMWの社員から、「ふざけんなコラー」という恫喝まがいの電話を受けた者もいるという。これではBMWというブランドが泣くな。

 ニューズウイーク日本版に「首脳の成績表」という特集がある。グラフで「経済政策」「国内政治」「リーダーシップ」などが示されているのだが、来年からは総合点で表記してもらいたい。

 トランプは、リーダーシップと安全保障に欠点アリという評価。コメントは「有権者が彼に2期目を与えるなら、自国の大統領には人格、品位、能力が不要だと判断したことになる」と厳しい。当然か。

 イギリスのボリス・ジョンソン首相は、「ブレクジットを経済的損失なく成し遂げたら、そのとき道化師は魔術師になるかもしれない」と、お手並み拝見というところ。

 ドイツのアンゲラ・メルケル首相は、経済政策と安全保障、それにファッションに評価が低い。プーチンロシア大統領は、外交とタフネスで高得点だが、他の方面では評価が低い。

 中国の習近平主席は、どれも平均点。「米中貿易戦争から香港デモまで頭の痛い問題だらけ。強権的な政治手法にさらに磨きがかかる」と見ている。

 安倍首相はどうか。意外にも、国内政治以外はかなりの高得点。「スキャンダルの証拠は全部シュレッダー行き? だが世界での日本の存在感を高めた功績は大きい」としている。

 私の安倍首相の評価は、外交を除いて、リーダーシップ、安全保障、国内政治、経済政策、タフネスは1か2だな。

 無責任な発言が多い飯島勲内閣参与だが、文春の連載で、「年明けの解散はない」「首相が衆院解散・総選挙を断行するとしたら、最も早くて通常国会の開幕後、七月の東京オリンピックの開幕直前よ」といっている。

 小池都知事が再選を目指す都知選とダブルだというのだ。自民党の都知事候補は橋本聖子か丸山珠代。まあ、あんまり盛り上がらないだろうな。

 新潮がNHKに噛みついているが、こちらのほうは頷ける。何しろNHKはカネが入って来て笑いが止まらないようだ。

 全国の受信料の支払い率は、ここ10年で10%も上がり、昨年度は過去最高の81%、7235億円だそうだ。さらに、1年間に手元に残るカネは、昨年度が1216億円もある。

 NHKの資産は現金や有価証券で約6500億円。内部留保は昨年度で約3000億円だという。

 職員の平均年収は昨年度で1098万円。NHKの昨年度の番組制作費は約3500億円。民放キー局を合わせても約4000億円にしかならないというのに。

 これだけ儲かっているのに、受信料を値下げしないどころか、ネットの同時配信をして、パソコンやスマホでNHKを見る人間からも受信料を取るつもりなのである。

 今のNHKは公共放送という使命を忘れ、金儲けだけに走っている。そういわれても致し方あるまい。

 お次はポストの現役組員アンケートだ。私はこういう企画が好きだ。いかにも週刊誌らしい。

 ヤクザは政治が好きらしい。ヤクザになっていなければ政治家になっていたと公言する親分たちが多いそうだ。

 浜田幸一なんかは、ヤクザが政治家になったといわれても、そうだろうなと思うしかなかったが、そんな政治通のヤクザたちは安倍首相を評価していないという。

「線が弱い。覇気がない。あの迫力では相手を打ち負かせない」

 なるほど当たっている。

 東京オリンピックに関しては賛成が多いそうだ。なぜなら、前の東京オリンピックでは仕事がいっぱいあって、えらい儲けたそうだから。

 山口組の分裂抗争については、回答無し、そう簡単には収まらないという見方だそうだ。

 では景気についてはどうか。悪いが80%を超えている。意外なのは、かなりの人間が民間の生命保険に加入しているそうである。

 国民保険には全員が加入していたという。年金保険料は払っていない。なぜなら表向きヤクザは無職でなければならないから。

 だが年金は支給されるそうだ。払われると、郵便局なら直接受け取れるそうだ。ヤクザをこれからも続けたいというのは少数で、いいえが圧倒的。

 令和になってもヤクザは生き残るか? 違法ドラッグや売春がなくならない限り、ヤクザは残る。その通りだと思う。

12345
関連キーワード

秋篠宮の誕生日に眞子さま&佳子さまの姿見えず…婚約延期の期限前に「小室圭さんが極秘裏の動き」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

メスガキ映画の最高傑作『サイコ・ゴアマン』

 創作上の物語で女児が年上に大して生意気な言...…
写真
インタビュー

インパルス板倉、特別インタビュー

「足掻き続けろ、絶望から這い上がるまで──」  そんなキャッチフレーズがつけられた、...
写真