本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」

東出昌大をよってたかって弱いものイジメ!? 渡辺謙の不倫は黙殺していた芸能メディアの歪み

“渡辺のゲス不倫“を、Kダッシュの力を恐れて黙殺した芸能メディア?

 闘病中の南を裏切って、“ゲス不倫“を続けていた渡辺だが、当時、今回の東出のように袋叩きする芸能メディアはなかった。それどころか、Kダッシュの力を恐れて、不倫そのものを黙殺したのだ。

 今回、東出が不倫していた時期は、杏が育児中に加え、3人目を妊娠中だったこともあって、世間の猛批判を浴びている。同時に、渡辺の“ゲス不倫”には沈黙してきたスポーツ紙やワイドショーまでもが、鬼のクビでも取ったように東出をバッシングしている。彼の所属事務所は、安藤サクラや門脇麦などといった個性派女優が所属しているが、マスコミに対して威圧的なプロダクションではない。東出の不倫についても、事実を認めているのをいいことに袋叩き。弱いものいじめとしか思えない。

 東出の不倫騒動で、改めて芸能メディアの歪みを思い知らされた。

本多圭(ジャーナリスト)

芸能取材歴40年以上、タブー知らずのベテランジャーナリスト。主な著書に『 スキャンダルにまみれた芸能界のトンデモない奴ら』など。

サイト:記事一覧

ほんだけい

最終更新:2020/02/15 22:00
12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed