日刊サイゾー トップ > カルチャー > ネット  > あいのり桃が生き残る意外な理由

南キャン山里は理解できない⁉ あいのり桃が“しぶとく生き残っている”意外な理由とは?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

桃オフィシャルブログより

 南海キャンディーズの山里亮太が2月12日深夜、自身のラジオ番組にて恋愛観察バラエティー番組『あいのり』(フジテレビ系)に出演していたタレントでブロガーの桃が頻繁にネットニュースに取り上げられる現象を不思議がる一幕があった。

「山里は全然興味がないとしたうえで、『元あいのりのニュースって(携帯に)スゲー出てこない? 俺だけなのかな』『桃さんって人の恋愛ニュースがさ、トップみたいな感じで出てるんだけど』と疑問に感じていることを明かしました。すると、このコメントに桃が反応。2月14日のブログで『いや、私が一番思っていました』『なんでこんなことがニュースになっちゃってんの?って笑』とつづり、山里に同調していました」(芸能ライター)

 確かに、番組終了後ほとんどのメンバーは表舞台から姿を消しているが、桃だけがしぶとく生き残り、ブログランキング1位をキープ。ネットニュースで見かけることも多い。いったい彼女のどこに需要があるのだろうか。

12

南キャン山里は理解できない⁉ あいのり桃が“しぶとく生き残っている”意外な理由とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

“青春の痛み”描く、藤井道人プロデュース作

 青臭くて、ひとりよがりで、あまちゃんで、心...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真