日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > チュート徳井復帰の“勝負手”とは

宮迫と明暗くっきり!? チュート徳井&ロンブー亮の復帰で吉本興業が繰り出した“勝負手”とは?

文=日刊サイゾー

逆に異様なのは宮迫博之?同じく芸能活動を再開も明暗くっきり

「その後、すんなり亮は復帰し、いまではオファーが殺到中という。吉本にとっては亮の成功例も大きかった。これからは重大なニュースはスポーツ紙やテレビを通さず、いきなりネットにあがることも考えられます」(同)

 こうした状況を鑑みると、逆に異様なのは同じく闇営業問題の中心人物である雨上がり決死隊・宮迫博之だ。彼もまた芸能活動を再開し、最近はYouTuberとして活動しているが……。

「こちらは、吉本はまったくバックアップしていない。亮や徳井の時とは大違いで、宮迫も吉本の拒否反応を察知したから、YouTuber転身を決めたのでしょう。吉本にとって亮&徳井の件と、宮迫の件はまったくの別物なんです」(お笑い関係者)

 徳井の復帰に宮迫は一体何を思うか?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/02/26 10:03
12

宮迫と明暗くっきり!? チュート徳井&ロンブー亮の復帰で吉本興業が繰り出した“勝負手”とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

技能実習生の本当に迫ったルポ

 外国人技能実習生制度について日本のマスメディア上では悪い話ばかりが流通している。「...
写真