日刊サイゾー トップ > 社会 > 政治・経済  > 安倍政権が“休業補償”で大混乱

新型コロナで右往左往!? フリーランスを促進する安倍政権が付け焼き刃の“休業補償”で大混乱

文=鷲尾香一(わしお・こういち)

政府は緊急融資制度以外の方法を模索すべき?

 だが、問題は学校の臨時休校に伴うものだけではない。すでに、新型コロナの影響で倒産に追い込まれた企業が出ている。

 例えば、新型コロナのクラスター(集団)感染が疑われているライブハウス、スポーツジム、屋形船などや飲食店でも休業や客数が激減している。これらの経営者ももちろん、従業員は直接的に収入が減少しているわけで、学校の臨時休校に伴う保護者の収入源とは状況が違う。このような事態に対して、政府は緊急融資制度で対応しているが、それ以外の方法を模索することも重要だ。

 阪神・淡路大震災、東日本大震災でも、学校が閉鎖され、企業倒産が相次ぎ、保護者も収入の道が閉ざされた。こうした事態に政府は、対応してきた経験やノウハウを持っているはずだ。新型コロナを国難と考えるならば、その補償に当たっては、整理された整合性のある検討を行うべきだろう。

鷲尾香一(わしお・こういち)

鷲尾香一(わしお・こういち)

経済ジャーナリスト。元ロイター通信の編集委員。「Forsight」「現代ビジネス」「J-CAST」「週刊金曜日」ほかで執筆中。

記事一覧

Twitter:@tohrusuzuki

最終更新:2020/03/08 10:30
123

新型コロナで右往左往!? フリーランスを促進する安倍政権が付け焼き刃の“休業補償”で大混乱のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

東海テレビが記録映画を作るワケ

 東海テレビが制作し、東海テレビの放送エリアだけで流れたドキュメンタリー番組『さよなら...
写真