日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 浜崎あゆみの自伝ドラマに熱視線

浜崎あゆみ自伝ドラマ、エイベックスの“お家騒動”をどこまで描くのか業界内が熱視線

文=日刊サイゾー

「高嶋が演じる社長は、『最大にして最凶の敵』としてアユとマサの前に立ちはだかることになるのだとか。そこで思い出されるのが、2004年8月の“お家騒動”。当時、エイベックスの社長兼会長は、現在は映画配給会社・ギャガの会長兼社長CEOを務める依田巽氏だったが、当時、専務だった松浦氏が経営方針に真っ向から反発し対立。結局、浜崎ら所属アーティストたちは松浦氏を支持したこともあり、依田氏を追い出す“クーデター”に成功し松浦氏が社長に就任しています。高嶋が演じる社長はドラマ的には格好の悪役ですが、クーデターはドラマでどんな扱いになるのか。業界内から熱視線を集めています」(週刊誌記者)

 そのあたりがリアルに描かれれば、少なくとも“業界視聴率”は跳ね上がりそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/03/21 22:00
12

浜崎あゆみ自伝ドラマ、エイベックスの“お家騒動”をどこまで描くのか業界内が熱視線のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

『バブリーダンス』創出した高校生の新価値観

 2017年に世間を賑わせた大阪府立登美丘高校の「バブリーダンス」や夏の甲子園大会の...
写真