日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『エール』途中降板の脚本家の胸中

天海祐希『トップナイフ』で見返せず!? NHK朝ドラ『エール』途中降板した脚本家の複雑胸中

文=日刊サイゾー

10年前から構想を練っていた『トップナイフ』もインパクト不足?

「『トップナイフ』は林氏が10年ほど前から構想を練っていたという勝負作で、当然、NHKスタッフを見返したいと意気込んでいたはずです。しかし、全話平均視聴率11.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と及第点だったものの、最終回は11.6%で初回の13.0%に届かないなどインパクト不足でした」(同)

 ちなみに『コード・ブルー』は交代後も高視聴率を記録し、劇場版は興収93億円のメガヒットとなっている。

「『エール』も林氏が脚本を手掛けた序盤の視聴率が良ければドラマに勢いをつけることになりますし、悪ければ酷評されることになる。低視聴率スタートで後任の脚本家のパートに入ってから高視聴率になれば最悪ですから、本人は複雑な心境でしょうね」(同)

 とりあえず、『トップナイフ』が爆発的なヒットとならなかったのは、“クビ”にしたNHKとしては朗報か。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/03/24 12:00
12

天海祐希『トップナイフ』で見返せず!? NHK朝ドラ『エール』途中降板した脚本家の複雑胸中のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

バイきんぐ西村の本当の“すごみ”

「キングオブコント2012」で優勝。無名のコンビは一夜にしてその名を世間に轟かせた。...
写真