日刊サイゾー トップ > カルチャー > 映画  > 新型コロナの予言映画が配信1位

新型コロナ「リアル予言」映画が配信1位に! 終息の兆しが見えるまでにかかった日数は!?

文=日刊サイゾー

イメージ画像/出典:Hamatti

 新型コロナウイルスが世界中に蔓延する中、この惨状を「予言」していた作品が再注目されている。その一つが2011年の映画『コンテイジョン』だ。

「このところNetflixの人気映画ランキング『今日のTOP 10リスト』の1位を走り続けています。未知の感染症が世界的に流行するというストーリーで、ウイルスを含んだ飛沫が付着していることを可視化したかのような描写が恐怖心を煽り、学校閉鎖や恐怖が先行して買い占めに走るシーンなどはまさに現実とリンクしている。新型コロナウイルス感染症に対する危機感が高まりつつある中、『今だからこそ見てほしい作品』との声が高まっています」(映画ライター)

 一方、あまりに予言的だとして再放送が躊躇されているのが、18年放送の石原さとみ主演ドラマ『アンナチュラル』(TBS系)だ。

「『アンナチュラル』の第1話では、MERSコロナウイルスが取り上げられ、感染拡大により国内がパニックになるという展開。同ドラマは脚本家の徹底した取材のもと制作されたと言われているだけあって、『濃厚接触』『PCR』といった今ではおなじみのワードも登場。『海外渡航でウイルス感染』『持病の喘息で症状悪化』と新型コロナウイルスの感染が拡大している今の日本そのままです。延期となった4月期の綾野剛、星野源のW主演ドラマ『MIU404』(同)は『アンナチュラル』の制作チームが再集結しており、番宣用に再放送したいところですが、局内では現実と近すぎるため見送るべきとの意見が持ち上がっているようです」(芸能記者)

『コンテイジョン』では感染が確認されてから135日目にして、初めてのワクチンが人々に接種され、症状が改善され事態が沈静化していく。映画とはいえ、「沈静化」で終わる結末は、現実世界の「希望」となりそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/15 12:05

新型コロナ「リアル予言」映画が配信1位に! 終息の兆しが見えるまでにかかった日数は!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

ビートたけし、裏の素顔

 レギュラーを務めるTBS系情報番組『新・情...…
写真
インタビュー

瓜田純士「人生3回目の花が咲く?」

 東京五輪イヤーが幕を開け、日本は果たしてどう変わるのか? 千里眼とプロファイル力を...
写真