日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 9太郎が提唱! アイドル炎上回避ガイド
9太郎とえるたまの限界オタク会議(後編)

末吉9太郎が提唱する、アイドル動画生配信の炎上回避ガイド「みんな木のスプーン使って!」

文=斎藤岬(さいとう・みさき)

自粛中、ルックスを綺麗に保つこともアイドルのお仕事です

9太郎さんとえるたまさんの邂逅、こぼれ話(©️えるたま)

──では逆に、配信動画で「これはうれしい!」ということはありますか?

9太郎 アイドルだけに限らないですが、配信のいいところは、芸能人同士のコラボが観られるところですよね。

えるたま 水川あさみさんとハリセンボン春菜さんのインスタライブに窪田正孝くんが乱入してきたやつ、めっちゃ良かった。

──桐谷美玲さんのインスタライブに三浦翔平さんが出てきたのもありましたね。

9太郎 きれいな人の配信画面に別のきれいな人の顔が出てくると「こんなありがたいことある!?」ってびっくりします。

──コラボじゃないですけど、橘慶太さんがインスタライブで松浦亜弥さんの話をしていたのも良かったです。

9太郎&えるたま えっ!!!!!

──9太郎さんとえるたまさんはハロプロ好きという共通点もありますよね。

9太郎 えっ、それはちょっと絶対聞かなきゃ! なんて言ってました!?

──「僕は(亜弥さんに)『歌ったら?』って言ってるんですけどね~。歌わないのかな~」というような話をされていたようですね。

えるたま ぎゃ~~! めちゃくちゃいい~~~!!

9太郎 (手を叩いて)ヤバ~!!

──興奮するオタクだ(笑)。話は戻りますが、9太郎さんは過去のインタビューで一貫して「好きなアイドルは“プロみのある人”」と言っていますよね。隙がない、アイドルとしてのプロ意識が高い方が好きだ、と。さきほど生活感の話もありましたが、いわゆる“パーフェクトアイドル”な人と自宅生配信は相性が悪いように思うんです。でも、だからこそ新しい部分が見えて高まることもあるんでしょうか?

9太郎 本当に大好きだから、ひいきしているみたいになっちゃいますけど、鈴木愛理さんの配信はかんっっっぺきでした! やっぱり素敵なおうちに住んでいて、瞳の中には丸いライトが映っていてふわっふわで。「この人は本当に完璧なんだ!」って感動しました。

──プロの輝きが!

9太郎 すげーなー! って思いました。いつも見ているのと同じ鈴木愛理さんが、そのままいるんですよ。僕もライト買っちゃいましたもん。

──照明、大事ですよね。

9太郎 アイドルはみんなライト買ったほうがいいですよ。僕もこれまでは持っていなかったから、自粛期間もちゃんと太陽がある時間にメイクしてTikTok撮ってたんですよ。

えるたま 意識高い!

──すごい! ちゃんとしてますね。

9太郎 アイドルがどんどん可愛くなっていくのって、“観られている”という意識もすごく大きく影響してると思うんです。だから、2カ月間も誰にも観られない生活をしているとルックスが落ちるんじゃないかと心配していて。運動量がガクッと落ちたので、太らないようにも気をつけてました。足上げ腹筋したり、体幹トレーニングしたり。それでも1キロ太りましたけど……。

──自力でメイクしたり部屋の見せ方を気にしたり、受ける配信企画を考えたり、急にこれまで以上にセルフプロデュースと自己管理能力が要求されるようになって、大変だなと感じます。

9太郎 客観的に自分を見ることができて、ちゃんと理解できていないと見せ方を間違えちゃいますよね。でも、配信じゃなくてほんの一言ツイートしてるだけでも、推しのことが感じられて嬉しくなったり気分が晴れたりもするじゃないですか。もう、「あ」の一文字でもいいからつぶやいてほしい……!

えるたま 気分が晴れるでいえば、嵐のファンというわけじゃないんですけど、国立競技場でのライブ動画を観ていたら、「嵐すげぇな!」って元気になりましたよ。

──推しに救われる命がありますよね。

えるたま 現場が生きがいだし……でもこのコロナで現場がなさすぎて、一時期自宅でパンを推してるときがありました。

9太郎 パン? どういうこと!? このひとやばい人だよ~!

えるたま パンばっかり作ってましたね、やることがなくて。とにかくなんでもいいから推させせてくれ! 現場行かせてくれ! って枯渇感がすごくてパン作りを現場にしてました。「推す」ことが「生きること」になってしまっているので……。

──嵐からパンまで幅広いですね(笑)。でも、ちょっと気持ちはわかります。

9太郎 だからやっぱりこの自粛期間は“推し”ってすごいな、と実感する時期でもありましたよね。

えるたま ほんと、それな~!!

●末吉9太郎(すえよし・きゅうたろう)
5人組ボーイズグループ・CUBERSメンバー。 2019年からツイッターで投稿を始めた「 アイドルオタクあるある」動画が爆発的な人気を誇り、 アイドルファンが知る人ぞ知る存在に。 現在はバラエティ番組などにも出演し、注目を集めている。 6月24日には待望のメジャー1stアルバム「MAJOR OF CUBERS」リリースが決定! 詳細はオフィシャルHPにて<http://cubers.jp/

●えるたま
東京生まれロキノン育ち今はアイドルのATM。マンガ家・イラストルポライター。「サイゾーウーマン」にて「えるたまのアイドル自由帳」連載中。Twitter:@L_tama

斎藤岬(さいとう・みさき)

斎藤岬(さいとう・みさき)

1986年、神奈川県生まれ。編集者、ライター。

サイト:サイト

最終更新:2020/06/05 13:11
12

末吉9太郎が提唱する、アイドル動画生配信の炎上回避ガイド「みんな木のスプーン使って!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

“町おこし”で地方がダメになる?

 いま日本の各地で「地方創生」が注目を浴びている。だが、まだ大きな成功例はあまり耳に...
写真