日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > ランボーシリーズ最終作日本公開
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】Vol.586

PTSDに悩む帰還兵が選んだ最後の戦場とは? 米国の暗黒史『ランボー ラスト・ブラッド』

文=長野辰次(ながの・たつじ)

笑いのない『ホーム・アローン』

 

牧場で暮らすランボーは、養女のガブリエラ(イヴェット・モンレアル)と穏やかな時間を過ごしていたが……。

 第1作が予想外のヒットを記録したことから、『ランボー 怒りの脱出』(85)、『ランボー3 怒りのアフガン』(88)とシリーズ化され、ランボーは無敵のヒーローとなっていく。この2作のランボーは特殊部隊時代の上官・トラウトマン大佐(リチャード・クレンナ)の命令で、再び戦場へと赴いた。20年ぶりとなったシリーズ第4弾『ランボー 最後の戦場』では、「何のために死ぬのかは、自分で決めろ」という台詞と共に、ランボーはミャンマー政府軍との戦いに挑んだ。そして、『ラスト・ブラッド』では自宅を戦場にして、最後の敵を迎え撃つことになる。

 物語の序盤、ひとりぼっちだと思っていたランボーが温かい家庭を築いていることに驚く。アリゾナ州の実家に戻ったランボーは、亡くなった父が残した牧場の後を継いだという設定だ。牧場では、旧友のマリア(アドリアナ・バラーサ)とその孫娘のガブリエラ(イヴェット・モンレアル)も一緒に暮らしている。血の繋がりはないが、実の家族以上の信頼関係で結ばれていた。どこにも居場所がないと思っていたランボーが、穏やかに過ごせる場所を見つけたことが感慨深い。

 一見すると幸せを手にしたように思えるランボーだが、夜は牧場の地下に張り巡らした暗い坑道の片隅で眠る。まだ戦場での記憶が脳裏に刻まれたままなことが分かる。そんなランボーだが、娘同然に愛情を注いできたガブリエラが大学進学を決めたことを知り、大喜び。しかし、幸せな時間は長くは続かない。ガブリエラは幼い頃に自分を捨てた実の父親に会おうと、単身でメキシコへ。人を疑うことを知らないガブリエラは、人身売買カルテットに拉致されてしまう。ランボーの決死の救出劇が敢行されるが、獲物を奪われたカルテットが黙っているはずがなかった。

 年老いたランボーが最後の戦場に選んだのは異郷のジャングルではなく、自宅だった。人里離れた牧場に地雷を埋め、坑道に罠を仕掛け、メキシコから襲来する武装集団を迎え撃つ。ロベール・アンリコ監督の名作『追想』(75)のようでもあり、笑いのない『ホーム・アローン』(90)のようでもある。また、ランボーの生地であるアリゾナ州は、『OK牧場の決斗』(57)など多くの西部劇の舞台としても知られている。

123

PTSDに悩む帰還兵が選んだ最後の戦場とは? 米国の暗黒史『ランボー ラスト・ブラッド』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

小津安二郎「子が親を何度もビンタする」名シーン

 こんばんは、宮下かな子です。  最近、脚の...…
写真
インタビュー

望月歩、月9『朝顔』で存在感見せる

 今年、大河ドラマ『麒麟がくる』や、連続テレビ小説 『エール』に抜擢された望月歩は、...
写真