日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > 鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

満洲の邦人を置き去りにした日本軍と安倍政権は酷似! “鉄道”から迫った「シベリア抑留」の真実

文=飯田一史(いいだ・いちし)

“加害者”だった時期は話したがらない

――お父様とは戦争の話はあまりできなかったんですか?

清水 子どもの頃から「シベリアはものすごい寒い」とか鉄道連隊にいたという話はしてくれたんです。ただ、僕も10代、20代になると、親父が日中戦争の渦中にいたことに怖さを感じて、避けていたところがあります。「もし、虐殺に絡んでいたら……」と思ったからです。ただ、南京事件について調べだしたときに、やはり自分の父親や祖父がどう戦争に関わっていたのかを知らないのはよくないと思い至り、親父が晩年に入院していた3カ月間、訊きました。今回の本を書くにあたっては、それを思い出しつつ、「中国大陸をどう移動していたのか」といったことをもっと訊いておけばよかったと思うばかりでした。

――私の祖父も戦時中は満州にいて、敗戦後には大連からシベリア抑留になったと言っていましたが、戦時中のことはほとんど話してくれませんでした。数少ない例外が、シベリア抑留時の体験についてでした。

清水 シベリア抑留は日本にとっては被害者の立場なので、まだ話してくれる人はいるんです。ただ、加害の立場にいる時期のことは、みんな話したがらない。でも、そこは両方に目を向けないといけない。

 確かに沖縄戦、原爆、空襲、抑留……日本はひどい目に遭いました。では、なぜそうなったか? 始まりはなんだ? と。多くの人がパッと思い浮かぶのは、真珠湾攻撃や盧溝橋事件ですよね。人によっては、「やむにやまれず日本は戦争を始めた」と言います。しかし、ではなぜ、盧溝橋事件が起きた北京郊外に日本兵がいたのか? なぜ、真珠湾攻撃をする以前、アメリカと交渉しているさなかに日本は、択捉島から連合艦隊をハワイに向け、すでに太平洋のど真ん中まで進めていたのか? こういったことを考えないと、バランスを欠きます。そして、「なぜ」「なぜ」と原因を遡っていくと、朝鮮派兵、日清戦争まで辿る必要が出てきます。

 私も、もともと歴史に詳しかったわけではありませんでした。でも、近現代史の全体像を知らぬまま人生を終えてはよくないという想いから、この年になって高校の歴史教科書を何冊も買い、文献を買って勉強する中で、理解を深めていきました。

1234

満洲の邦人を置き去りにした日本軍と安倍政権は酷似! “鉄道”から迫った「シベリア抑留」の真実のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

たけし軍団に無慈悲なビートたけし

 ヤクザの世界は、“親分が黒と言えば黒、白と...…
写真
インタビュー

能條愛未のキャリアを深掘りして見えてきたもの

 新宿・紀伊國屋ホールの改修後、演劇公演第一弾となる『新・熱海殺人事件』。これまで紀...
写真