日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > せいや、自慰行為でアイドルNG

霜降り明星・せいや、「リモート自慰」で子ども向け番組やアイドル番組にはそぐわない存在に

文=日刊サイゾー

吉本興業公式サイトより

 しばらくは、女性共演者たちからは白い目で見られそうだ。

 6月18日の『文春オンライン』が、霜降り明星・せいやの下半身スキャンダルを報じた。せいやは、ウェブ会議サービス「Zoom」を使った一般女性との飲み会で、下半身を露出させ、「勃ってるの見える?」などと、局部を直接見せて自慰行為をしてきたという。

「このセクハラ報道に対して、せいやは『ハニートラップ』だと主張しています。彼が股間を触っているように見える生々しい画像も拡散、リベンジポルノの疑いも出ていることから、所属の吉本興業は『文春』に対して法的措置も検討しているといいます。せいやは19日深夜放送のラジオ番組に生出演しましたが、騒動についてはスルー。また、同日放送のレギュラー番組『おはスタ』(テレビ東京系)は局都合で欠席となっていますが、子ども向け番組とあって『オナニー芸人』はふさわしくないという判断があったのでしょう」(芸能記者)

 一方、この報道で今後、微妙な空気になりそうな番組があるという。アイドル誌ライターが言う。

「現在、霜降り明星は『ラストアイドル ~ラスアイ、よろしく!~』(テレビ朝日系)、『乃木坂46のザ・ドリームバイト!~働き方改革!夢への挑戦!~』(フジテレビ系)の2つのアイドル番組のMCを務めています。両番組とも現在はアイドルたちがリモート出演する形式を取っていることから、『せいやのオカズにされるのでは』『アイドルたちもせいやの視線が気になるだろう』『絶対、キモイって思われているだろうな』といった声が続出。『乃木坂~』については、前MCの徳井義実も脱税騒動により降板となっており、『呪い』を懸念している人もいるようです」

 芸人らしいスキャンダルとはいえ、霜降り明星には「子ども」と「アイドル」にはふさわしくないイメージがついてしまったようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/21 10:30

霜降り明星・せいや、「リモート自慰」で子ども向け番組やアイドル番組にはそぐわない存在にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

西寺郷太が提唱!ノートの書き方

NONA REEVESのソングライター、ボーカリストとして活躍するだけでなく、マイケル・...
写真