日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 手越に一部メディアが報復宣言

元NEWS手越祐也、会見から排除された一部メディアが“報復宣言”「絶対潰してやる」

文=日刊サイゾー

YouTubeより

 NEWSの元メンバーで、今月19日にジャニーズ事務所との専属契約を解除された手越祐也が23日、都内で約2時間に渡って会見を行った。

 手越は冒頭から30分以上にわたって退所に至った経緯を説明後、集まった報道陣からの質疑応答に対応。会見はYouTubeで生配信されていたため、ネット上に寄せられたファンからの質問に答える時間もあった。

「自分がとんでもない大物だと勘違いしているような感じだった。古巣のジャニーズ事務所との円満ぶりもアピールし、今後、地上波出演も狙っているような口ぶりだったが、まず、地上波のオファーはないだろう」(会見を視聴した記者)

 報道をまとめると、会見には約130人の報道陣が訪れ、各テレビ局の映像を見る限りかなり「密」な状態だったが、どこのメディアもOKだったわけではなかったというのだ。

「会見を仕切ったPR会社からリリースが送られたメディアのみが取材OK。ただ、リリースが送られないメディアも『YouTubeのスクリーンショットの使用は可能』とのこと。その代わり、ジャニーズは今後、ジャニーズ時代の写真使用NGを各メディアに通達しています」(芸能デスク)

 会見前、「きわどい発言もあるのでは」とうわさされていたが、それほど驚くような話はなし。ただ、一部報道で「ジャニーズ事務所の滝沢秀明副社長と確執があったのでは?」報じられていたことから、その件に関する質問が飛んだ。

 それに対して手越は、「対立なんてことは一切ないし、同じアイドルという立場で活躍をしていた方なので、きっとタレントの気持ちを分かってくださる」「滝沢くんには感謝しかない」と“優等生”の発言に徹したが、実は手越にとってかなりナーバスな質問だったというのだ。

「もともと、5月末にスキャンダルで活動自粛となったのが今回の退所の原因。実は今回の会見、自粛発表やその前に、滝沢副社長との確執について報じた一部スポーツ紙や週刊誌を“出禁”にしてしまった。そのため、締め出されたメディアは『絶対潰してやる』と息巻いているのだとか。独立早々、“報復”を受けるかもしれない」(同)

 手越にとって新しい門出の会見だっただが、遺恨を残すことになってしまった。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/25 18:00

元NEWS手越祐也、会見から排除された一部メディアが“報復宣言”「絶対潰してやる」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

菅内閣は古傷が次々に暴かれる?

今週の注目記事・第1位「昼下がりのラブホ密会...…
写真
インタビュー

ブレイク間近、アインシュタイン登場

 関西ではすでに和牛やアキナと並び、抜群の人気を誇るアインシュタイン。そして現在、ボ...
写真