日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 2020甲子園中継放送、争奪戦

テレビ局が綱引き!? 2020甲子園高校野球の中継放送、争奪戦の舞台裏

文=日刊サイゾー

イメージ画像/出典:mecha

 コロナ禍で春のセンバツの代替試合となる『2020甲子園高校野球交流試合』(8月10日開幕)の中継を大阪のABCテレビ(テレビ朝日系)、同ラジオが全試合担当することが1日に発表された。

 7月8日に組み合わせ抽選が行われ、試合は8月10日、11日、12日、15日、16日、17日の計6日間開催。出場各校が1試合ずつ、無観客試合形式で行われる。また、BS朝日やNHKなどでも全試合が完全生中継で放送される。一方、本来センバツの中継を行う予定だったTBS系列の毎日放送は開幕前日に特別番組を、大会期間中は速報番組をいずれも関西ローカルで放送する。

 在阪テレビ局編成マンは「水面下では最後までどちらの局が中継するか、争奪戦が繰り広げられていた。本来、春の大会ですから毎日放送系列のCS放送GAORAが中継するのが筋ですが、BS放送を含め力技でABCに放映権を持っていかれたようだ」と話す。また、近年はインターネットによる生配信も両局が力を入れ、視聴者数が急上昇している。

「CMスポンサー受けもいいようですし、本来の狙いは地上波、BSよりもこっちの方が狙いだったという話さえあるほどです」(同)

 例年と異なる大会の裏では、壮絶なやり取りがあったことが容易に想像できる。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/04 17:30

テレビ局が綱引き!? 2020甲子園高校野球の中継放送、争奪戦の舞台裏のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

年末恒例お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

秋篠宮さま、埋めがたき親子の“距離”

今週の注目記事・1「創価学会が恐れるオウム以...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真