日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 芸人なら147日間超連勤時ざら

ダイアン・津田篤宏が豪語「芸人なら147日間超の連勤はざらにある」のカラクリとは?

文=日刊サイゾー

ダイアン

 お笑いコンビ・ダイアンの津田篤宏が、8月29日に放送された、関西ローカルのトークバラエティー番組『胸いっぱいサミット!』(カンテレ)でその“多忙ぶり”について言及する一幕があった。

 番組では、28日に辞意を表明した安倍晋三首相が今年1月下旬から147日間連続で執務に当たったことに触れた。その一方、津田は「(147日間連勤は)ざらにある。M-1(優勝)コンビは147日間連勤じゃ済まされない」と証言。半年もの間仕事が続いていた芸人がいると語った。

 芸能関係者は「女優さんやまともな事務所はこのご時世、147日連勤はさすがにやらせません(笑)。津田が所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーはその点、ブラック企業と揶揄されても仕方がないですね」と笑うが、かといって「それが必ずしも悪い風潮かと言われたらそうもない」という。何より芸能人は“旬”が大事だからだ。

「特に芸人の場合、賞レースで優勝して売れっ子になるとテレビはもちろん、営業での仕事にとても呼ばれます。基本、営業ってどのタレントもそうですがギャラはとにかくいい。だから1日で何件もこなす場合もあります。それがどこまで続くか。芸人なんかは、ひと通りのバラエティー番組に出演し続け、一周終えるまでに、何とか自分たちの売りや強みを見い出さないといけない。そこでその後生き延びることができるかどうか分かれ目にもなる」(同)

 多忙ばかりに気を取られていられないほど、厳しい一面もあるようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/03 12:00

ダイアン・津田篤宏が豪語「芸人なら147日間超の連勤はざらにある」のカラクリとは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

瓜田純士『天気の子』をメッタ斬り

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(39)が森羅万象を批評する不定期連載。今回...
写真