日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 半沢特番「久本とヒロミは不要」

『半沢直樹の恩返し』裏話に視聴者が拍手喝采も「久本雅美とヒロミは不要」の大合唱

文=日刊サイゾー

『半沢直樹』(TBS公式サイトより)

 あの1点を除いて視聴者は大満足だったようだ。

 コロナ禍で撮影が遅れたことで、ドラマ『半沢直樹』(日曜午後10時)第8話放送が13日に延期された。それを受け、6日は『生放送!! 半沢直樹の恩返し』が放送され、主演の堺雅人をはじめ、主要キャストの香川照之、及川光博、片岡愛之助、アンジャッシュ・児嶋一哉が登場。撮影秘話が語られた。

「番組では半沢(堺)の『お~ね~が~い~し~ま~す』や大和田(香川の『お・し・ま・いDEATH!』など、ドラマでのアドリブ秘話が披露されたり、未公開シーンが放送されたりしたほか、視聴者からの質問で、黒崎(片岡)が『半沢』から『直樹』呼びになったワケや、渡真利(及川)の情報収集力の秘密などに話が及びました。

 当初は、ドラマが完結していない状況で裏話が語れることに懸念の声も上がっていましたが、半沢ファンは大満足だった模様。放送開始まもなく『♯半沢直樹』がツイッターのトレンド入りし、視聴者からは『時間が足りなかった』『楽しかったDEATH!』など大盛り上がりとなりました」(テレビ誌ライター)

 しかしその一方で、ネット上では視聴者代表として出演していた久本雅美とヒロミへのブーイングが飛び交っている。

「司会進行役としてTBSの安住紳一郎アナがいたため、『安住アナで十分』『久本とヒロミはいらなかった』の大合唱となっています。ヒロミは大物俳優たちとは絡めず、何度もワンパターンの児嶋イジリばかり。久本に至っては『自分の役でなかったら誰の役をやりたい』という無意味な質問を投げかけ、この2人の無駄トークにより、視聴者からの質問の時間がなくなり、出演者たちもズッコケていました。2人がいなかったら面白い裏話がもっと聞けただけに、批判が飛ぶのももっともでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

 ともあれ、出演者たちのプロとしての技量や意識の高さがわかったことで、クライマックスに向けて『半沢直樹』をより深く楽しむことができそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/07 18:00

『半沢直樹の恩返し』裏話に視聴者が拍手喝采も「久本雅美とヒロミは不要」の大合唱のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

金太郎がRIZINへ殴り込み!

 金太郎の鬼退治が、いよいよ始まる! イケイケのファイトスタイルで人気を集める総合格...
写真