日刊サイゾー トップ > 芸能  > つるの剛士、パクチー炎上の余波

つるの剛士、パクチー畑荒らしツイート炎上の余波 メディアは「慎重にならざるを得ない」

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

「差別という概念はない」のヤバさ

「実際、つるのさんは本当に差別意識がなかったのかもしれません。でも、そこが問題なんです。メディアにかかわる人間であれば、差別を積極的に排除していかなければならない。本当に差別の意識がないのなら、“差別的”だと誤解されないように、気をつけて発言する必要があるわけで、そうすることで差別もなくなっていくはず。

 結局、今回の騒動はつるのさんが差別に対する理解や意識が低かったがゆえに起きたことなんです。ここが改善されないのであれば、今後も不用意な言動が出てくる可能性もあるし、つるのさんを起用したメディアが“レイシスト認定”されてしまうリスクもある。そういう状況なので、つるのさんの起用に対して慎重にならざるを得ないというメディアも少なくないと思います」(メディア関係者)

 その一方で、テレビ局などの大手メディアはまだまだ保守的であり、差別問題に対する取り組みについて、大きく踏み出せない状況もあるようだ。

「基本的に大手メディアは“事なかれ主義”なので、差別に関する問題は避けようという関係者も少なくない。今回の騒動を見て見ぬ振りするメディアも多いでしょう。また、今の時代は、ネット上で保守的な人々とリベラルな人々が、かなり過激な表現でぶつかり合って問題が大きくなりがちなので、自分のところに飛び火しないように、“とにかくリスキーなタレントは避けていく”という考え方になりがち。
 差別的な発言のリスクがあるタレントだけでなく、そういったタレントを厳しく批判するリベラル派のタレントについても、“できるだけ避ける”という方向性になったりするんです。差別などの問題を本当に解決するにはメディアの力も必要なんですが、残念ながらそれとは程遠い状況です」(同)

 つるののツイート騒動とともに、今の日本の大手メディアの問題点も浮き彫りになりそうだ。

最終更新:2020/09/17 08:00
12

つるの剛士、パクチー畑荒らしツイート炎上の余波 メディアは「慎重にならざるを得ない」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

熊田曜子、泥沼離婚問題の先はどうなる?

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

里咲りさ×鈴木咲スペシャル対談

前回の倉持由香さんとの対談に続き、連載2回目に登場いただく対談相手は、倉持さんの友人でも...
写真