日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > オリラジ藤森慎吾に再評価の動き

田中みな実を抜き返す!? オリラジ・藤森慎吾の“引き出しの多さ”に再評価の動き

文=日刊サイゾー

オリエンタルラジオ・藤森慎吾

 芸能人YouTuberが急増するなか、改めてその多才ぶりが際立っているのが、オリエンタルラジオ・藤森慎吾だ。

 元カノであるフリーアナの田中みな実は、写真集が大ヒット、女優として怪演、あざといキャラでバラエティを席巻、美容のカリスマの地位を確立、CMに引っ張りだこ、と今や時の人となっている。

 しかし、藤森のほうも負けてはいない。業界内で注目を浴びているのが、2月に開設したYouTubeチャンネルだ。

「舌を巻いたのは動画のバリエーションの多さです。過去に『武勇伝』『チャラ男』『PERFECT HUMAN』と3度のブレイクを経ていますが、それが深化している印象です。最近、彼の大きな武器となっているのが『車』。愛車をポルシェから1,000万円オーバーのベンツ『ゲレンデヴァーゲン』に乗り換えたばかりですが、納車まで1年待ったほどのこだわりです。

 動画では女性マネージャーや元乃木坂46・生駒里奈などを助手席に乗せたドライブデート動画をアップしていますが、聞き役に徹し過ぎない絶妙なハンドリングによって、女性ゲストは皆、心地よさそうに話している。まさに、『モテ』の教科書のような内容になっています」(制作会社スタッフ)

 他の動画を見てみると、名曲の「歌ってみた」シリーズも好評。KingGnu『白日』の高音パートもこなしている。

「圧巻なのがラップでの漫画紹介です。相方の中田敦彦が自身のチャンネルで漫画『SLAM DUNK』をプレゼンしたのを受け、藤森は同作品をラップで紹介するという斬新なアプローチをして見せた。同じコンテンツについてコンビで違う魅せ方をするアイデアはお見事でした。YouTube以外でも、桜庭ななみ主演の連ドラ『13(サーティーン)』(フジテレビ系)では、13歳の少女を誘拐し、暴力で支配する狂気に満ちた男・一樹を怪演。トレードマークである眼鏡を外しての出演だったため、藤森と気づかなかった人も多く、『キモイ演技、うまい!』と絶賛されています」(業界関係者)

 さらには、田中よろしく美容にもハマっているといい、サウナの伝道師という顔も持つ。また、書籍の出版も控えているとの話も。これだけ多くの“フック”があれば、さまざまな角度からのオファーが舞い込んできそう。今度は藤森が時の人となれば、田中のほうから共演を求めてくるかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/19 18:00

田中みな実を抜き返す!? オリラジ・藤森慎吾の“引き出しの多さ”に再評価の動きのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

米国「水素トラック」誕生のはずが詐欺!?

──あまりにも速すぎるデジタルテクノロジーの進化...…
写真
インタビュー

井筒和幸×松本利夫(EXILE)『無頼』対談

閉塞的な社会にパッチギ(頭突き)をかまそうとする若者たちを主人公にした『パッチギ!』...
写真