日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 小栗旬主演、TBS日曜劇場の不安材料

小栗旬主演で『日本沈没』リメイク 懸念材料は”ネトウヨの批判”をかわせるかどうか

文=日刊サイゾー

小栗旬主演で『日本沈没』リメイク 懸念材料はネトウヨの批判をかわせるかどうかの画像1
小栗旬

 TBSの日曜劇場において、名作SF『日本沈没』がリメイクされると報じられた。10月1日発売の『女性セブン』(小学館)によると、『日本沈没』リメイク版は来年秋クールの日曜劇場で放送される予定とのこと。主演の小栗旬が務め、香川照之や杏が脇を固める。今年の11月から撮影が開始するという。

「日本のSF小説の金字塔であり、何度も映像化されている人気作品なので、当然ながら注目度は高いでしょう。しかし、今年Netflixで配信されたアニメ版『日本沈没2020』が賛否両論だったこともあり、不安な部分も少なくありません」(テレビ局関係者)

 小松左京原作の『日本沈没』は、災害によって沈没していく日本列島を舞台としたパニックSF。原作や1970年公開の映画版では、災害に立ち向かう科学者たちを軸に物語が展開する。一方、Netflixの『日本沈没2020』では、災害に巻き込まれた一般市民を中心に描いている。また、日本人が外国人を排斥するかのような描写もあり、日本を侮蔑的に描いた作品であるとして、“日本ヘイト”だと、ネトウヨから叩かれたのだ。

「『日本沈没2020』に対する“日本ヘイト”だという評価は、決して的を射たものではないのですが、“『日本沈没』は原作に忠実なものしか認めない”という、強固な考えを持った人々が少なくないのも事実。と同時に、やはり“ネトウヨにウォッチされる作品”にもなってしまった。

 そういう意味では、小栗旬版のリメイクドラマについても、内容次第では大炎上してしまう可能性もあるでしょう、この作品が成功するかどうかは、“ネトウヨの批判をいかにかわすことができるか”にかかっているかもしれません」(同)

 ちなみに、小栗旬は2022年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に主演することが決まっている。

「2021年は大河の撮影でほとんどのスケジュールが押さえられているはずで、その前に『日本沈没』を撮り終えなければならないが、今後コロナの影響がどうなるか不透明なこともあり、テレビ局サイドも緊張しているみたいですね。とにかく小栗のスケジュールはパンパンなので、スムーズに撮影を進めなくてはなりません」(芸能事務所関係者)

 昨年夏にロサンゼルスに移住し、アメリカを拠点に活動する計画もあったという小栗旬。しかし、どうやら日本に落ち着くことになりそうだ。

「2021年公開のハリウッド映画『ゴジラVSコング(原題)』には出演しますが、コロナの影響もあって、そこから先に進むことができなかったということですね。でもその分、日本国内での俳優としての格はどんどん上がっているので、結果オーライでは」(同)

 あとは、『日本沈没』が炎上しないことを願うだけか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/10/04 09:00

小栗旬主演で『日本沈没』リメイク 懸念材料は”ネトウヨの批判”をかわせるかどうかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

年末恒例お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

秋篠宮さま、埋めがたき親子の“距離”

今週の注目記事・1「創価学会が恐れるオウム以...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真