日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 小栗旬主演、TBS日曜劇場の不安材料

小栗旬主演で『日本沈没』リメイク 懸念材料は”ネトウヨの批判”をかわせるかどうか

文=日刊サイゾー

小栗旬主演で『日本沈没』リメイク 懸念材料はネトウヨの批判をかわせるかどうかの画像1
小栗旬

 TBSの日曜劇場において、名作SF『日本沈没』がリメイクされると報じられた。10月1日発売の『女性セブン』(小学館)によると、『日本沈没』リメイク版は来年秋クールの日曜劇場で放送される予定とのこと。主演の小栗旬が務め、香川照之や杏が脇を固める。今年の11月から撮影が開始するという。

「日本のSF小説の金字塔であり、何度も映像化されている人気作品なので、当然ながら注目度は高いでしょう。しかし、今年Netflixで配信されたアニメ版『日本沈没2020』が賛否両論だったこともあり、不安な部分も少なくありません」(テレビ局関係者)

 小松左京原作の『日本沈没』は、災害によって沈没していく日本列島を舞台としたパニックSF。原作や1970年公開の映画版では、災害に立ち向かう科学者たちを軸に物語が展開する。一方、Netflixの『日本沈没2020』では、災害に巻き込まれた一般市民を中心に描いている。また、日本人が外国人を排斥するかのような描写もあり、日本を侮蔑的に描いた作品であるとして、“日本ヘイト”だと、ネトウヨから叩かれたのだ。

「『日本沈没2020』に対する“日本ヘイト”だという評価は、決して的を射たものではないのですが、“『日本沈没』は原作に忠実なものしか認めない”という、強固な考えを持った人々が少なくないのも事実。と同時に、やはり“ネトウヨにウォッチされる作品”にもなってしまった。

 そういう意味では、小栗旬版のリメイクドラマについても、内容次第では大炎上してしまう可能性もあるでしょう、この作品が成功するかどうかは、“ネトウヨの批判をいかにかわすことができるか”にかかっているかもしれません」(同)

 ちなみに、小栗旬は2022年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に主演することが決まっている。

「2021年は大河の撮影でほとんどのスケジュールが押さえられているはずで、その前に『日本沈没』を撮り終えなければならないが、今後コロナの影響がどうなるか不透明なこともあり、テレビ局サイドも緊張しているみたいですね。とにかく小栗のスケジュールはパンパンなので、スムーズに撮影を進めなくてはなりません」(芸能事務所関係者)

 昨年夏にロサンゼルスに移住し、アメリカを拠点に活動する計画もあったという小栗旬。しかし、どうやら日本に落ち着くことになりそうだ。

「2021年公開のハリウッド映画『ゴジラVSコング(原題)』には出演しますが、コロナの影響もあって、そこから先に進むことができなかったということですね。でもその分、日本国内での俳優としての格はどんどん上がっているので、結果オーライでは」(同)

 あとは、『日本沈没』が炎上しないことを願うだけか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/10/04 09:00

小栗旬主演で『日本沈没』リメイク 懸念材料は”ネトウヨの批判”をかわせるかどうかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

オードリー若林、ラップを粗品に褒められ喜び

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

中島岳志「選挙に行こう」だけでは意味がない

 2020年、コロナ禍によって世界中が大混乱に陥る中、日本では7年8カ月続いた安倍晋三...
写真