日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 上沼恵美子「M-1」審査員降りず若手芸人恐怖

上沼恵美子、パワハラ疑惑でもやっぱり「M-1」審査員降りず…若手芸人が戦々恐々

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

上沼恵美子、パワハラ疑惑でもやっぱり「M-1」審査員降りず…若手芸人が戦々恐々の画像1
上沼恵美子

 今夏、後輩芸人との確執や自身の冠番組スタッフへのパワハラ疑惑で注目されたタレントの上沼恵美子が、12月20日開催の『M-1グランプリ』決勝の審査員を今年も務めることがわかった。

 今回も上沼をはじめダウンタウン・松本人志ら3年連続で同じ顔ぶれが並んだ形となり、ほかにはオール巨人、立川志らく、中川家・礼二、サンドウィッチマン・富澤たけし、ナイツ・塙宣之。司会は今田耕司と上戸彩が務めるが、やはり注目は上沼だろう。在京テレビ局関係者は「25年間続いた『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)が突如終了し、キングコング梶原雄太へのパワハラが原因かと報じられた。ただ、あれだけ問題や騒ぎを起こしておいて、全国ネットの番組には正直、出演しにくいところ。よく、決断したと思う」と感心している。

 審査員としては例年、漫才コンビに対し喜怒哀楽が激しいツッコミを入れながらの寸評をすることが多い。だが、「今年はそれがまともにできるか心配ですね。今年はコロナ禍でこれまでのようにテレビ、ラジオ収録ができなかったことから、審査員としては“ペース”が崩れてしまい、この状況はまだ尾を引いている。M-1が怖いところは全国ネットの生放送。コメントする時間が短いとはいえ、注目度はかなり高いものの、うまくツッコミができるかどうか……。出場する芸人にとっても戦々恐々としながらの出演は避けられない」という。

 ただでさえ圧が強い「なにわの女帝」を目の前にして、実力が発揮できるツワモノは現れるのか。今から決勝当日が待ち遠しい。

最終更新:2020/11/08 10:00

上沼恵美子、パワハラ疑惑でもやっぱり「M-1」審査員降りず…若手芸人が戦々恐々のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

瀧澤謙太、RIZIN初参戦インタビュー

 9月27日(日)開催の格闘技イベント「RIZIN.24」に、高いKO率を誇る危険な...
写真