日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 「オナニーは害悪」近代日本のトンデモ性教育史

「オナニーは体に悪い」子どもの性欲をめぐる近代日本のトンデモ教育論と現代への余波

文=飯田一史(いいだ・いちし)

 

GettyImagesより

 近年、性教育本がブームとなっている。中には思春期以前の子どもに向けて生殖や性暴力に対する啓蒙を促す内容のものもあるが、「小さい子に性の話なんて……」という声は根強く存在する。では歴史的に、日本では思春期に入る前の子どもに向けた性教育はどうなされてきたのか? 近世以来の子どもの性に関する医者、教育者、知識人の語りの変遷を描いた一冊が、『子どもの性欲の近代 幼児期の性の芽生えと管理は、いかに語られてきたか』(松籟社)だ。同書の著者で、ジェンダー/セクシュアリティと教育研究を専門とする小泉友則氏に、過去の歴史から学ぶべき子どもと性をめぐる“大人の語り”の問題について訊いた。

小泉友則著『子どもの性欲の近代 幼児期の性の芽生えと管理は、いかに語られてきたか』(松籟社)

 

今につながる近代のとんちんかんな性教育論

――『子どもの性欲の近代』を読むと、「オナニーは心身に害悪」「性的早熟は熱帯で起こる」「子どもが発する『なぜ/どうやって生まれてきたの?』という誕生に関する質問は『性欲』と関連する問題行動」など、明治期以降に日本で欧米の受け売りでされてきた性教育は、ろくでもないものが多いなと感じました。こんなものなら受け入れないほうがよかったのでは、とすら思いましたが……。

小泉 明治期以降の研究者は、欧米の学術雑誌を読みあさって非常によく勉強しています。その過程で「子どもの性に着目せねば」と気づき、自分もやっているはずなのに手淫は健康に悪いと、時には死ぬかもしれないとか言ってしまう(笑)。「これを採り入れないと世界から取り残される」という危機感から、研究者は明治後期にはでっち上げであるだろう情報も含めて「日本にも欧米水準の知識がある」と見せつけようとしていました。研究者の思考の過程を見ても、適当極まりない。手淫が本当に害毒なのかを自分たちで調査したところ、欧米の理論で言われていることとはまったく違った結果が得られた。にもかかわらず、「欧米が正しい」に戻ってしまう。仮説・検証という科学的な手続きをあまり重視していないようなのです。

 ただ、このときから言われていることが、今も残っています。今でも性教育や育児の雑誌ではマスターベーションの話、子どもが勃起したらどうするか、といったことに関するレクチャーが必ずあります。「月経が早い子は性的に早熟なんじゃないか」という俗説も残っているし、「どうして生まれたの?」と子どもに訊かれて多くの親が恥じらうのだって、『クレヨンしんちゃん』的な「5~6歳になれば性に関心を持つ」という観念があるからですよね。

123

「オナニーは体に悪い」子どもの性欲をめぐる近代日本のトンデモ教育論と現代への余波のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

40バイト芸人のふとした“オチ”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

般若、ドキュメンタリー映画を語る

 般若。その名に恥じぬ気迫とキャリアを積み上げてきたラッパーは、人のマイクを勝手に奪...
写真