日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 来年の紅白はジャニ枠激減か!?

ジャニーズに裏切られたNHK…来年の紅白では “報復”で出場枠激減か!?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

ジャニーズに裏切られたNHK…来年の紅白では 報復で出場枠激減か!? の画像1
写真/GettyImagesより

 大みそかの『第71回NHK紅白歌合戦』の取材会が9日、同局で行われ、番組の制作統括・加藤英明チーフプロデューサー(CP)が報道陣の取材に応じたことを、各スポーツ紙が報じた。

 年内で活動休止となる嵐は午後8時から無観客の生配信ライブを開催。会場に来て出演することが物理的に不可能なため、嵐の出演時間や演出についてどうなるのか、注目が集まっている。

 各紙によると、加藤CPは「今、まさに所属事務所とどういう演出にするか、どういう形でご出演いただくかを検討しております」と説明。出演時間、中継等の登場の仕方も含めて「今、協議しているところ」と話すにとどめたというのだ。

「おそらく、ギリギリまで決まらないだろうが、第2部の後半になることは間違いないだろう。とはいえ、中継で大トリにするのはみっともないので、さすがにそれはなさそうだ」(音楽業界関係者)

 ジャニーズからは嵐のほか、関ジャニ∞、Hey! Say!JUMP、King&Prince、Kis-My-Ft2(キスマイ)、そして初出場のSnow ManとSix TONESの7組が名を連ね、最初の出場歌手発表で発表された紅白42組のうち、6分の1となる7組を占めている。

「少なくとも、JIMPとキスマイは出場できる“基準”には達していないはずだったが、NHKとしては嵐が大トリをつとめることを前提に、バーターとして押し込まれた。ところが、“後出しじゃんけん”のような形で嵐がおおみそかのライブを発表。メンツを潰されただけではなく、CPのクビが飛ぶのでは、と言われている。このままNHKも黙っているわけにはいかないはずで、来年の紅白でのジャニーズ枠の大激減などの“報復”がありそうだ」(芸能記者)

 目先の稼ぎに走ったジャニーズの戦略が裏目に出そうだ。

最終更新:2020/12/15 23:00

ジャニーズに裏切られたNHK…来年の紅白では “報復”で出場枠激減か!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

変態夫婦の純愛物語『クラッシュ 4K』

 エロスとタナトスが交差する瞬間、人間はかつ...…
写真
インタビュー

EXILE世界が選ぶ2020年最高のアニメ

──2020年は新型コロナウイルスに振り回される一年だったが、それでもエンタメ業界は暗い...
写真