日刊サイゾー トップ > 芸能  > 田中みな実、21年電撃デキ婚に困惑

田中みな実、結婚を取るか仕事を取るか? ゲッターズ飯田の「2021年電撃デキ婚」占いに困惑

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

田中みな実、結婚を取るか仕事を取るか? ゲッターズ飯田の「2021年電撃デキ婚」占いに困惑の画像1
事務所ウェブサイトより

 NHK関係者はこの占いを知って眉を潜めたのではないだろうか。

 12月26日放送のラジオ番組にて、占いタレントのゲッターズ飯田がパーソナリティを務める田中みな実の2021年について衝撃の占い結果を伝えた。

「飯田によれば、『今後すごい大事なことを決めると思います』『結婚する運気が2021年』とのこと。お相手は年上で、今年に出会っている、もしくは年末か来年序盤に会うのだそう。しかも、『先にお子さんができると思います』『突然結婚しますよ、本当に』と、短い交際期間での電撃デキ婚の可能性があるのだといいます。田中は『ありえない』と困惑していましたが、彼女は確かにこじらせすぎていますから、デキ婚じゃないと結婚に踏み切らなさそうな気もしますね」(芸能ライター)

 田中といえば、過去のバラエティ番組にて「私は常に理性的です。性に対しては、ちゃんとしてます」と自身の貞操観念の固さをアピール。しかし、一方で他の番組では「子供が欲しい。本当に子供が欲しいんです!」と絶叫して共演者たちを唖然とさせたこともある。

 しかし、テレビ関係者はこう懸念する。

「田中は2022年放送予定のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に出演が内定しているともっぱら。34歳となり結婚願望がますます強まっていても、大河に出演するのであればスキャンダルはご法度で、36歳になる2年後の初冬までは難しくなる。2019年11月の番組で、オリエンタルラジオ・藤森慎吾と破局してから9人の男性に告白されたことを明かしていましたが、言い寄ってきた人数はさらに増えているはず。占いが的中するなら、大河の主演が発表されるまでに仕事か男かを選ぶ大事な決断を迫られそうです」(前出・芸能ライター)

 田中の熱愛には数多の芸能マスコミが注目しているだろうが、そもそも結婚という祝事にもかかわらず、それすら“ご法度”とするr業界の慣習には呆れるばかりだが……。

最終更新:2021/01/01 22:00

田中みな実、結婚を取るか仕事を取るか? ゲッターズ飯田の「2021年電撃デキ婚」占いに困惑のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

『青天を衝け』慶喜と栄一の再会シーンにおける虚実

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

西寺郷太が提唱!ノートの書き方

NONA REEVESのソングライター、ボーカリストとして活躍するだけでなく、マイケル・...
写真