日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 菅義偉政権”4月退陣シナリオ”

菅義偉政権”4月退陣シナリオ”と最期の切り札に立ちはだかる3つの壁

文=元木昌彦(もとき・まさひこ)

ラブリで捜査! 女性から女性への性的暴行問題は?

 さて、女性が女性から性的な虐待を受けるケースは少なくはないだろうが、表に出てくることはほとんどない。

 その珍しいケースである。

ラブリ(31)という人気モデルがいる。女性ファッション誌『JJ』の専属モデルの後、詩や音楽を発表するアーティストとしても活躍しているという。結婚していて、弟はEXILEの白濱亜嵐。

 最近では、「選挙の投票の呼びかけや動物愛護活動についてSNSで発信し、インスタグラムで約50万人のフォロワーを持つ“社会派インフルエンサー”」(文春)。その彼女が仕事を一緒にするはずだったAという女性に「強制わいせつ」を行ったとして訴えられ、現在、和歌山地検が捜査中だというのである。

 仕事をするなら仲良くなったほうがいいというので、2019年5月2日に5人で和歌山県白浜に1泊2日旅行をしたそうだ。

 酒を飲み、同室だったA子がベットで休んでいると、ラブリが入ってきた。

「ラブリさんは『すごく舐めたいの』と言って私のジャンパースカートをめくり、パンツを脱がせました。反応する間もなく私の股間に顔をうずめ、陰部を舐め始めたのです」(A子)

 驚いた彼女は、「男の子が好きなので、女の子は無理なんです」と何度も拒否したが、ラブリは「女の子も気持ちいいよ」と押し倒し続けたというのだ。

「抵抗し続けていると、ラブリさんは『うるさい』ときつい口調で言い放ちました。驚いて動けなくなると、指を陰部に挿入し、がしゃがしゃと動かし始めたのです。午前6時40分頃、ようやく解放されました」(同)

 その後、「重度のPTSD(心的外傷後ストレス)」のため、道端で倒れるなどしたため、会社を辞めたという。

 性的暴力被害者を応援するNPOなどに相談して、和歌山県警白浜警察署に被害届と告訴状を出した。ラブリは事情聴取を受け、彼女の弁護士から示談がもちかけられたが、断ったという。A子はこういっている。

「女同士でも性被害は起こり得るのだということを世の中に知ってもらいたかった。私以外にも同性から性被害を受けた人がいるなら、勇気を出して声を上げて欲しいです」

 17年に改正された刑法では、強姦罪が強制性交罪に変更され、男から男への強制性交の被害が認められた。

「女性同士では性交にならないので、強制わいせつ罪が適用されます」(アトム法律事務所の川崎聡介弁護士)

 同性に犯されたというのはなかなかいい難いものだろうが、これからはこうしたケースで訴訟になることが増えてくるのかもしれない。そういう意味では、今回のこのラブリケースを注目したい。

12345678

菅義偉政権”4月退陣シナリオ”と最期の切り札に立ちはだかる3つの壁のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

Aマッソ加納「新しいお笑いをやりたくてこの番組やってんのよ」…裏切りのオチ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

 この数年、「偏見」ネタで人気を博している若手芸人・ニューヨーク。一昨年の『M-1グラ...
写真