日刊サイゾー トップ > カルチャー > アニメ・ゲーム  > モバイルゲーム市場で中国が米に肉薄! 日本は…

モバイルゲーム市場で中国がアメリカに肉薄!日本企業はバンナムが3年連続トップに

文=辻 英之(つじ・ひでゆき)

中国パブリッシャーが躍進した2020年のモバイルゲーム市場

 全体を通して見てみると、新型コロナウイルスによる巣ごもり需要拡大の影響もあって、2019年より非ゲームアプリの収益割合が伸長し、約6割はゲームパブリッシャーの収益という結果になった。

 特筆すべきは、2019年のランキングとの比較で、中国企業が大きく躍進したことだろう。今回発表された上位52社のうち、中国企業のランクインは15社。2019年は11社だったので、大幅に数を増やしたといえる。

 強豪ひしめく中、1位となったのは『クラッシュ・オブ・クラン』のSupercellや『フォートナイト』のEpic Gamesの親会社のテンセント、続く2位は『荒野行動』や『Identity V 第五人格』でおなじみのネットイース。どちらも、中国パブリッシャーだ。2019年から中国パブリッシャーの台頭は続いていたが、2020年は全ランキング中15社を占めるまでになった 。

 現状、1位はアメリカで16社だが、かなり中国パブリッシャーが肉薄していることがわかるだろう。米企業では、4位にActivision Blizzard、5位にZyngaがランクインしている。

 Zyngaは『トゥーンブラスト』をはじめとするカジュアルゲームが好調だったトルコ企業Peakを買収したことで、2019年は11位だったが、トップ5に食い込む躍進ぶり。

 1位と2位が中国なら、3位と4位はアメリカ? と思った方もいると思うが、3位はアイルランドのパブリッシャーであるPlayrix。Playrixという名前でピンと来なくても、『Homescapes』や『Gardenscapes』の会社といえばわかるのではないだろうか。

 この2つのゲームはどちらもパズルゲームなのだが、2020年に「これじゃない広告」でも話題となった。この広告は一時やたらと目にする期間があったので、この会社か! というゲーマーもいるだろう。

 世界の強豪パブリッシャーがひしめく中、3位のポジションを獲得するのは広告だけの効果ではなく、パズルゲームとしてしっかりしたものを出し、定期的なアップデートをしているからなので、モバイルゲームがよくできている証明でもある。2019年には7位だった同社だが、1年で大きく順位を上げた格好。

 中国パブリッシャーの躍進という視点で見ると、今回12位にランクインしたLilithが大きく順位を上げている。同社は、全世界で4,500万ダウンロードを突破している『Rise of Kingdoms ―万国覚醒―』(略称:ライキン)という戦略シミュレーションが看板タイトル。このゲームのヒットを受け、2019年の27位から12位へと大きくジャンプアップした。

 

123

モバイルゲーム市場で中国がアメリカに肉薄!日本企業はバンナムが3年連続トップにのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

印米中、常識破りのジャンクかた焼きそば

 シュプリームのコレクションに楽曲を提供し、...…
写真
インタビュー

舐達麻コンプラ無視の“超”大麻論

──ここ数年、日本でもっとも話題のラッパーといえば、舐達麻の3人をおいてほかにはいない。...
写真