日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > あやややモー娘。が誰かの人生を救った『あの頃。』
深読みCINEMA【パンドラ映画館】Vol.622

松浦亜弥やモー娘。に人生を救われた人々がいた! 松坂桃李主演の実録コメディ映画『あの頃。』

文=長野辰次(ながの・たつじ)

やがて訪れる「中学10年生の夏休み」の終わり

松浦亜弥やモー娘。に人生を救われた人々がいた! 松坂桃李主演の実録コメディ映画『あの頃。』の画像3
コズミンを演じるのは仲野太賀。公開中の『すばらしき人生』でもキーパーソンを務めている。

 劔が上京してからも、物語はまだまだ続く。バンドマネージャーとして忙しく働くようになった劔に代わって、物語の中心となるのはコズミンだ。性格的に非常に面倒くさいコズミンだが、「恋愛研究会。」のメンバーからは面倒くささも含めて愛されていた。そのコズミンが、末期がんであることが発覚する。

 バカバカしいコメディから、いっきにシリアスモードに転調するのかと思えば、そこは今泉監督らしく、こちらの予想を大きく裏切る。入院前日のコズミンは、風俗店で病気を口実に本番プレイを風俗嬢におねだりする。そんな不謹慎エピソードの数々が綴られていく。余命宣告された状況を、コズミンは全力で笑い飛ばそうとする。コズミンの言動は、すべて命懸けのギャグとなる。

 生前葬と銘打った「恋愛研究会。」の久しぶりのライブでは、東京から戻ってきた劔、病院から一時退院したコズミンも交え、思い出の曲「恋ING」をみんなで熱唱する。死ぬ瞬間まで、「今が人生でいちばん楽しい」と感じられれば、それはどんなに幸せなことだろうか。

 あややのビデオを見て号泣した劔は、「恋ING」を歌いながら再び涙を流す。もう2度と同じメンバーでは、「恋ING」を歌うことはできない。ちょっと遅めの青春を満喫した劔にとって、それは心の痛みを伴う旅立ちの瞬間だった。アイドルオタクであることは、まさに彼らにとって最後の砦だった。

『あの頃。』
原作/劔樹人 脚本/冨永昌敬 監督/今泉力哉 出演/松坂桃李、仲野太賀、山中崇、若葉竜也、芹澤興人、コカドケンタロウ、大下ヒロト、木口健太、中田青渚、片山友希、山﨑夢人(BEYOOOOONDS)、西田尚美
配給/ファントム・フィルム 2月19日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー 
(c)2020『あの頃。』製作委員会
https://phantom-film.com/anokoro

長野辰次(ながの・たつじ)

長野辰次(ながの・たつじ)

フリーライター。著書に『バックステージヒーローズ』『パンドラ映画館 美女と楽園』など。共著に『世界のカルト監督列伝』『仰天カルト・ムービー100 PATR2』ほか。

サイト:記事一覧

最終更新:2021/02/11 20:00
123

松浦亜弥やモー娘。に人生を救われた人々がいた! 松坂桃李主演の実録コメディ映画『あの頃。』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

印米中、常識破りのジャンクかた焼きそば

 シュプリームのコレクションに楽曲を提供し、...…
写真
インタビュー

サッカーメディアの今後は?

 ヨーロッパから南米まで、世界中の最先端の戦術からクラブ経営の裏側まで多角的に取り上...
写真