大河ドラマ『青天を衝け』稀代の“エロジジイ”を吉沢亮はどう演じるか? 愛に生きた渋沢栄一列伝【再掲】

文=堀江宏樹(ほりえ・ひろき)

──歴史エッセイスト・堀江宏樹氏が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、 ドラマと史実の交差点をさぐるべく自由勝手に考察していきます!(2020年12月6日公開記事を再掲)

大河ドラマ『青天を衝け』稀代のエロジジイを吉沢亮はどう演じるか? 愛に生きた渋沢栄一列伝<再掲>の画像1
『青天を衝け』公式ホームページ

『麒麟がくる』と『鎌倉殿の13人』の間に挟まれ、少し影の薄い来年の大河ドラマ『青天を衝け』。

「大河ドラマ」史上初の2月放送開始作品となる以外、あまり話題にもなっておらず、正直寂しいものです。主要キャストはすでに発表されていますし、幕末史を彩った有名人は、ほぼ全員登場する印象がありますが、「コレ!」という異彩は感じられないというのが本音かもしれません。

 その中で気になるのは、「慶喜推し」の大河ドラマであるらしいこと。

 徳川慶喜(草彅剛さん)は、渋沢栄一の主君で、明治以降も彼が関係を持ち続けた恩人です。それは事実ですが、大ヒットした『篤姫』(2008)以降は、慶喜といえば“嫌われ役”として描かれるのが「大河」の定番ですからね。「大河」では先例が踏襲されやすい中、その常識をくつがえそうというのですから、意欲作となる予感はあります。

 しかし……それ以外に強い感想を現時点では抱けません。それは主人公・渋沢栄一が、「政治家」というより「経済人」であるということも大きいのかな、と思われます。経済人といえば、立身出世を重ねた成功者であり、なんとなく親近感がわきづらい存在に感じられるからでしょう。あくまで筆者の私感ですが。

 渋沢栄一は「資本主義の父」などといわれる偉人の中の偉人で、彼が創業・設立に関わった企業だけでも500社以上。他に病院や学校などの設立にも尽力しているので、知らない所でお世話になっている「可能性大」で、けっして縁遠い存在ではありません。しかし逆に、それゆえにエラくて別世界の住人という感覚になっちゃうのですねぇ。庶民の悲しさというヤツですが、気を取り直して『青天を衝け』の見どころを勝手に予測していきたいと思います。

 公式サイトも出来立ての『青天を衝け』ですが、NHKのPRを見ている限り、ずいぶんとおカタイ内容のように思えます。でももしかしたら、フタを開けて見れば「え、NHKの大河枠でやっちゃっていいの?」という内容になるかもしれない。そう期待する理由は、渋沢栄一を主人公に掲げているからですね。

 なぜなら、渋沢栄一という人は下半身事情が、その91年に及ぶ生涯を通じて実に旺盛だったからです。それを語らずして、渋沢の人生はとても描けないとも断言できます。『論語』に渋沢が人生の指針を見出し続けたのも、性道徳に対する言及がほとんどないから、という説を、彼の後妻の兼子が冗談めかして指摘しているほどなのです。

大河ドラマ『青天を衝け』稀代のエロジジイを吉沢亮はどう演じるか? 愛に生きた渋沢栄一列伝<再掲>の画像2
このドラマのキャッチコピーは、「仁者に敵なし」という『論語』の一節をもじったもの。

 そんな渋沢の容貌は……というと、彼を演じる吉沢亮さんのようなイケメンではまったくありません。身長は150センチ程度で、低めだったといいます。が、幕末の成人男性の平均身長は155センチ程度ですから、渋沢がとりたてて小柄というわけでもないようです。

 現代の身長感覚でいえば、165センチより少し低い程度と思ってもらえればよいでしょう。

 骨太でガッシリとしており、眼光は鋭く男性的ですが、ヒゲや体毛が極端に薄い体質らしく、晩年には「おじいさん」というより「おばあさん」のような印象だったそうです(作家・大佛次郎の証言)。筆者の目に晩年の渋沢は、まるで老けた赤子のようにも見えますが、その赤子が男性として現役で、複数の愛人宅に通い、愛人たちを孕ませつづけているのですから、恐るべき老人なのでした。

 好きなモノを絶ち、神仏に願掛けするイメージで女性を絶っていた時期を除き、家庭の内外に複数の恋人が切れずにいる状態だったのが、渋沢栄一という人です。

123

大河ドラマ『青天を衝け』稀代の“エロジジイ”を吉沢亮はどう演じるか? 愛に生きた渋沢栄一列伝【再掲】のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

『青天を衝け』視聴率低下も心配なし

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

令和ロマンが語る令和芸人の歩き方

 いく度目かのお笑いブームが極まっている昨今、第7世代の次の世代に期待を寄せる視聴者...
写真